ニュージーランド航空 往復9万円を切る”早割”セールスタート!

ニュージーランド航空が「早割」セールを今日からスタートさせました。
その価格は今まで見たことないような価格です。

何と燃油サーチャージや税金など込みで88,000円〜です。10万円を切るどころか9万円すら切ってしまう、もうLCC(格安航空会社)みたいな値段を打ち出してきました。

しかも、今回のセールは「値段が安い」だけのセールではないんです。
この航空券では「あること」ができるので、今まで激安価格で買おうと思っても踏みとどまってしまった人たちが買いやすくなっています。

いったい「あること」というのは何でしょう?
ニュージーランド航空のページでもこっそりとしか書かれていない情報も踏まえてお届けします。

早割セールで往復88,000円〜は破格!

日刊ニュージーランドライフでは、ニュージーランド航空がセールをやるたびにセールの情報を紹介しています。

なので、何となく「この値段が底値かな」と言う価格がわかってきました。今回はとうぶんこれ以上安い価格のチケットはでないと思います。

そのくらい88,000円は安いです。
あの安いと評判のジェットスターでも同じ料金か、多少安いかな?くらいの料金になります。しかもジェットスターは食事なし・機内エンターテイメントなし、荷物も追加料金、そして経由便です。
その点ニュージーランド航空はそれらがすべて込み&成田-オークランドは直行便なのはすごいですよね。

具体的な値段は以下のとおりです。

日付 月ー金 土日
04月01日〜04月24日 93,000円から 103,000円から
05月07日〜07月17日 88,000円から 98,000円から
08月01日〜08月07日
08月15日〜09月17日
09月24日〜10月31日
98,000円から 108,000円から

一番ニュージーランドに遊びに行くなら5月上旬から7月中旬が狙い目ですね。

Aoraki & Lake Pukaki | Canterbury
© Dave Wong

今回の早割セールの見逃せないところ

今までのセールは「変更不可・キャンセル不可」でした。
つまり「確実に休みが取れる日」がわからないとチケット買うのはリスクがあります。チケット買ったは良いけど、休みが取れなかったら笑えないですからね。

でも、会社に申請して「行っておいで!」と言われるのを待っていたらセールが終わってしまったり、安いチケットがなくなっていて高くなっていたりすることがけっこうありました。

ところが今回は変更ができるんです。
もちろん変更料やチケットの差額は払う必要があります。でも、それってかなりスゴイことです。この価格帯だとなかなかありません。

ちなみにキャンセルはできません。正確にはできるんですけど、返金してくれません。
なので4月から10月の間で「日付変更」の可能性はあるけど、行けるのは間違いない!と言う方は今が買いですね!

ちなみに販売期間は過去最長かもしれません。
2015年1月16日から2015年2月28日までの1ヶ月半に及びます。けっこう時間があるので休みの申請をしたり、旦那さんや奥さんを説得したり、友だち家族を誘う時間も十分ありますね。

ニュージーランドは秋冬春も魅力たっぷり!

THE wineyard below
© Steve Hammond

ニュージーランドの夏はカラッと爽やかな夏で、それはそれで旅行をするにはすごく気持ちが良い季節です。

でも秋は紅葉とかワインの収穫時期だったり、日本との気温差があまりなく過ごしやすい気候なので旅行するにはすごくいい季節です。
冬は冬でテカポの星空観測やスキー・スノボをしたり、クイーンズタウンのウィンターフェスティバルなど各地で冬のイベントが開催されます。
そして春は国中が花で満たされる時期です。街を歩いていても車を走らせていても花を目にしない日はないくらいです。そんな季節なのでトレッキングをするには良い季節ですね。

ちなみにニュージーランド航空のチケットを買う場合は旅行会社を通すより、オンラインで直接買うのが一番安いです。「最安値保証」みたいなことをしています。

今このページをパソコンで見ている人は画面左に「出発地」「目的地」「日付」などを入力すると値段を出してくれる機能が付いていますので試してみてくださいね。携帯電話で見ている方はニュージーランド航空のサイトに直接訪れるか、日刊ニュージーランドライフのページをパソコンでご覧ください。

ニュージーランドは日本と同じで四季がある国です。つまり日本と同じで季節ごとにいろいろ楽しみ方はあります。
いろいろなところと相談・交渉(?)したりしながら、皆さん是非ニュージーランドに遊びに来てくださいね!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS