再び動き出した街クライストチャーチ 前編 |”ふるさと”のニュージー旅行記 第10話

スポンサーリンク

トラベルライター”ふるさと”さんのニュージーランド旅行記。
遂に今回と次回の2回で完結です。今回と次回の2回にわたって地震後のクライストチャーチの街並みを写真たっぷりで紹介してくれます。

個人的にも前職のMaruia Springsを離れてからクライストチャーチの街中を周っていないので、約1年ぶりに見る街並みにちょっとした感動というか、感慨深いものを感じられずに入られませんでした。

私のつたない文章力ながらもここまで読んで下さった方、ありがとうございました。
今回の記事を含めてあと2話となりました。そんな私の最後の紹介となる町はクライストチャーチです。

今回の私の旅は「クライストチャーチに始まり、クライストチャーチで終わる」という事になりました。
クライストチャーチでのお話は1話と2話でも書きましたが今回は町の中心部全体の様子のお話です。

2011年のクライストチャーチの地震からまもなく4年が経とうとしています。
最近クライストチャーチに行かれた方は分かると思いますが、あれから町は再開したもの、新しく出来たもの、元気をくれるもの…ゆっくりとしたスピードでありながらも確実に動き出していました。これを書いている今も前に進み続けている事と思います。

そんなクライストチャーチの町中で明らかに目を引くもの…それはあちこちに描かれたアート。カセドラルを囲っているボードのアートの話は1話目でしましたが、その他にも町中にはいくつもの建物の壁にアートが描かれていました。

Travel-Writer-01-09_01

どれもとても大きくて、キレイで、そして楽しくて!見入ってしまうくらいの迫力です。

Travel-Writer-01-09_02

スポンサーリンク

町の復興への想いが込められているこれらの絵の他に私の目を一際引くカラフルなアートがありました。半崩壊したカセドラルの広場、かつてのiSITE前にそれはありました。

Travel-Writer-01-09_03

色鮮やかなたくさんのフラッグ(?)が飾られ、それらがパタパタと風に揺れていました。
最初は、お恥ずかしい事ながら私はこれが何を意味しているのか全く分かりませんでした。でもそれは壁に描かれたアートと同じ、形が違うだけ。その意味が分かった時、色んな所で、色んな形で、復興に向けたメッセージが込められているものが存在しているんだなと、クライストチャーチの前向きな気持ちが伝わってきました。

そんなカラフルなアートの横では部分運行での再開を始めたトラムが走っていました。レトロでかわいいトラム。思いっきり観光用です。

Travel-Writer-01-09_04

私も「一度は乗ってみよう!」と何度も思っていましたが結局乗らずじまいでした。トラムに乗って町を見るのも、またそれはそれで新しい発見がありそう!

このトラムのレール、以前はトラムが走っていなかった通りにも新たに作られていました。全線再開の時は区間が拡大されているんでしょうね。それを想像すると何だかワクワクしてきました。楽しみです!

そんなトラムが進むその先にカンタベリーミュージアムがあります。入場料は無料。
結構広いのでしっかり見たい方は時間に余裕を持って行かれた方がいいかもしれません。
ミュージアム内には他にもお土産屋さんやカフェなんかもあります。
ちなみにそのカフェからはハグレーパーク内の季節を感じる景色が見え、黄色く色づいた落ち葉が眩しいくらいでした。

Travel-Writer-01-09_05

このミュージアムのすぐ横にはiSITEがあります。

Travel-Writer-01-09_06

プレハブのような小さな建物で、おそらく仮設だと思います。でも旅行関連の予約や相談はこちらで出来ます。ちなみに、日に寄ると思いますが私が行った時は日本人のスタッフもいましたよ。
このiSITEのカウンターに無料のポストカードが置いてありました。町の宣伝の意味もあるのでしょう。売り物のポストカードとは別で、細長いポストカードでクライストチャーチの町の写真などが載っていました。無料だからと言って取り過ぎには注意しましょう。

Travel-Writer-01-09_07

ミュージアムとiSITEはハグレーパークという大きな公園の一角にあるのですが、そのハグレーパークの中を進んでいくと最近できたビジターセンターが見えてきます。

Travel-Writer-01-09_08

白を基調とした現代的でおしゃれな建物です。中には資料館やカフェ、ショップなどが入っていました。

Travel-Writer-01-09_09

ビジターセンターではありますが、こちらではハグレーパーク内の案内(ボタニックガーデンとか)を主にしているようで旅行関連の受付などはしていない感じでした。さきほど書いたiSITEとは別ものです。

また、このハグレーパークにはキレイなエイボン川が流れていて、そこでパンティングが出来ます。ちゃんと船頭さんもいるので、ゆったりと川の流れに乗る事が出来ます。
このパンティングを客観的に見ているだけでも、とても絵になるし、何だか穏やかな気持ちになります。

Travel-Writer-01-09_10
さて、そろそろお腹も空いたし、買い物もしたい…そうなったらRe:START MallへGO!

…と行きたいところですが、一息ついて、この話の続きは次回の最終回で。

シリーズを通して読んでみたい方はこちらからどうぞ

投稿者:ふるさと

P8042102 2
小さくて、のどかで、花が多い所…そんな感じでクライストチャーチを選んで来た7年前。結果、大好きに!でも地元「鹿児島」も大好き!あれもこれも捨てきれない欲張りな私は探求心・好奇心旺盛な鹿児島人です!
ブログを書いてます!

引き続きトラベルライターさん募集中

日刊ニュージーランドライフでは、ニュージーランドの旅行記を書いていただける方を引き続き募集しています。
すごくザックリした募集要項は「1年以内にされた旅行」のことを書いていただけるのであれば、どんな方でも大歓迎です。

興味がある方&質問がある方はぜひ一度 info@nzlife.net までご連絡ください。
詳細な募集要項や全体の流れなどをお送りいたします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS