世界で一番早く初日の出を見れる国ニュージーランド

スポンサーリンク

「初日の出」なんて、まだずいぶん気が早い話のような感じもしますけど、気が付けば今年もあと1ヶ月ちょっと。年末年始にニュージーランドを旅行しようとしている人は、すでに航空券を買ってあったり、ホテルの手配も全部済んでいる人もいるのでしょうか。

今日はニュージーランドの初日の出のお話と、2017年1月1日の各都市の日の出の時間を知る方法を紹介しますので、これからニュージーランドに来ようとしている人はもちろん、ニュージーランドのちょっとした雑学好きな人も必読の1話ですよ。

日本人が初日の出を拝む理由

Remarkable Sunrise Over the Queenstown Hilton

いきなり余談なんですけど、どうして日本人は初日の出を拝むのでしょう。

日本では初日の出とともに「年神様(としがみさま)が降りてくると信じられていました。そしてその年神様に対して「去年はありがとうございました」というお礼と、「今年もよろしくお願いします」という気持ちを込めて、拝むようになったそうです。それが今でも「初日の出を拝む」という文化として残っているんですね。

ところで「元旦」の「旦」の字は「日の出」を表しているって知ってましたか?地面や水面から太陽が登って出て来る様子を表しているんです。

gantan

さて、この初日の出、
実はニュージーランドが世界で一番最初に見れる国なんです。そのため世界中から「世界で一番早い初日の出」を見るためにニュージーランドに人が集まります。

スポンサーリンク

ニュージーランドで一番最初に初日の出が見れる場所

East Cape Lighthouse

ニュージーランドで生活したことがある人ならけっこう知ってる人も多いんですけど、ニュージーランドで初日の出を一番最初に見れる街は「ギズボーン Gisborne」です。

でも、そこからさらに北東にある岬East Capeはニュージーランドどころか世界で一番早く初日の出を見ることが出来る場所として有名です。ちなみに2017年1月1日にEast Capeで初日の出を見れる時間は5時46分です。

車で行った場合、ギズボーンから2時間半、ロトルアから4時間、オークランドから6時間半もかかる場所にあります。ところが「世界一早い日の出」ということで1999年から2000年になるミレニアムな日の出の時は世界中から人が大勢集まったそうです。

ニュージーランドが一番でない説

Blaze of Glory

と、そんな「世界一日の出が早い国」なんて書いておきながら、ここ数年「ニュージーランドは世界一日の出が早い国ではなくなった」という説があります。

というのも、2011年12月30日からサモアがタイムゾーンが変わったからです。
今まで世界で一番遅いタイムゾーンのマイナス12時間だったのが、12月30日からニュージーランドよりも更に1時間早いプラス13時間になって世界で一番最初に年を越す国になったからです。

具体的な時間で言うと、日本が午前8時だと、ニュージーランドは正午12時、サモアは午後1時になります。そのため「世界で一番初日の出も早い国」という話になりました。

ところがです。実際のところはそうではなかったんです。
サモアの東端にあるMalaelaという場所の日の出は7時7分です。ニュージーランド時間だと6時7分なので、そのときニュージーランドは「5時46分に初日の出を見て一息ついている頃なんです。

どうしてニュージーランドより東にあるサモアのほうが日の出が遅いのか。これを書き始めると話が長ーーーくなるので、今回は割愛させてください。

Moeraki Boulders at sunrise

日の出時間を知る方法

日の出を知る方法はいろいろあります。

一番確実なのは宿泊施設の受付の人に「what time does the sun rise in 地名」と聞くことです。

ほかにも、Googleに「Wellington sunrise 1 January 2017」と入れると「5時51分」と教えてくれます。あとは天気予報のMetserviceでも5日以内の天気予報で日の出時間をチェックすることができます。

ほかにもiPhoneやAndroidのスマホで「日の出 時間」と検索するとたくさんの日の出時間を教えてくれるアプリがあります。位置情報に対応していれば、自分がいる場所の日の出時間を簡単に知ることができますので、お試しください!

1月1日の朝、晴れることを今から祈ってますっ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS