歩いて楽しむニュージーランド |”ゆうと”のNZ旅行記 第05話

スポンサーリンク

トラベルライター「ゆうと」さんのニュージーランド旅行記。
全部で8話のうち今回で5話目、とうとう後半戦になりました。

ずっと乗り物「自転車」「バス」「船」などをテーマに紹介してくれましたが、今回は自分の足で楽しむニュージーランドを紹介します。

紹介する街はクイーンズタウンです。歩いて回るのに一番可愛い街ですね。

前回まで列車、長距離バス、自転車、船といろんな乗り物を使ってニュージーランドを楽しんできました。

が、しかし!
僕が一番お勧めする、というかどの街に行っても絶対に楽しい観光の仕方を今回はしていきます。

それはズバリ!
On foot、そう、自分の足で歩くのです。

なんで、歩くのが楽しいのか?歩いて何が楽しいのか?と、思ったあなた!
例えば、ちょっとおしゃれなカフェを探すとき。小腹が空いたとき。街中のスナップ写真が撮りたいとき。知らない街を探検したいとき。地元のバーで飲みたいとき。お土産を探すとき。

こんなときは歩くのが一番いいんです。宿でネットをしている場合じゃありません!
と言うわけで、今回は一日Queenstownを散策しましょう。

travel-writer-02-05-01
まず、NZのほとんどの街にある観光案内所「i-SITE」の隣にあるレンタカー屋。
Juicyというお店は前回の記事で紹介した「Milford Sound」の観光クルーズもやっています。

travel-writer-02-05-02
日刊ニュージーランドライフでも紹介されたあのハンバーガー屋さんもありました。
写真ではわからないですが常に行列が出来ていて、食べるのを諦めました。僕が泊まったバックパッカーズのオーナーも「ここは一押し!」と言っていたので地元の人も旅行客もみんな訪れています。

スポンサーリンク

travel-writer-02-05-03
NZではおなじみのクッキータイムの専門店。
店内にはいろんな味のクッキーや雑貨なんかもあります。なぜか半分になった車も店内にあって「こいつはなんだろう?」と一人で考えてました。
肝心のクッキーは、ちょっと高かった気がしますがそれ以上においしかったです。

travel-writer-02-05-04
スキーリゾートが近くに3つあるので、レンタルギアのお店があちらこちらにあります。もし、NZでスキーをしようかなーと考えていたら、道具を持ってこなくても出来ます。そうすればスキーの後に観光も出来ちゃいます。

travel-writer-02-05-05
おしゃれなバーやカフェが多いエリアに来ました。
昼間なので静かですが夜は賑やかになりそうなところです。この近くにあるカフェでランチをしました。コーヒーとパスタで$27.10。おしゃれな気分でランチが出来ました。

travel-writer-02-05-06
街の中心から15分くらい歩いたところにQueenstown Gardensがあります。
敷地内は散歩コースからフリスビーゴルフ、スケボーのランプやスケートリンクまであり老若男女問わずに楽しめます。

travel-writer-02-05-07
園内のフリスビーゴルフの施設、フリスビーは公園事務所でも貸してくれます。

travel-writer-02-05-08
公園を下って湖畔に出たところ、山の上のほうにゴンドラの施設があるのがわかりますか?
晴れていれば登ったんですがこの日は小雨+霧で登っても展望が良くなさそうだったので諦めました。

travel-writer-02-05-09
ジェットボートだ!Queenstownにもあったのか。
街中を一通り散策し終えたら、宿に戻って翌日の準備をして夜を待ってバーに行きました。

travel-writer-02-05-10
昼間の散策のときに偶然見つけて、一目惚れしたお店です。店内の小物や家具は、古い道具などを再利用していてとてもおしゃれな空間でした。地ビールもあって朝から晩までQueenstownを満喫できました。

いかがだったでしょうか?結構飛ばしてる部分がありますが、一日でQueenstownのほとんどを歩き回りました。観光先で時間が余った、予定がなくなった、なんてことがあったときは是非自分の足で街を歩いてみてください。

知らない街並、どこへ続くかわからない路地、気になる雑貨の置いてあるお店。
そんなただの散歩が観光になります。

価格は2014年8月現在のものです。

シリーズを通して読んでみたい方はこちらからどうぞ

投稿者:Yuto Hirasawa

s-profile foto
2012年、自転車でニュージーランドを旅行後、1年後にワーホリで再入国して2014年9月までオークランドで働く。
適度な都会と田舎に惹かれ毎日写真を撮ってました。
2014年11月より隣国オーストラリアにてワーホリ中!
Facebookをやってます!

引き続きトラベルライターさん募集中

日刊ニュージーランドライフでは、ニュージーランドの旅行記を書いていただける方を引き続き募集しています。
すごくザックリした募集要項は「1年以内にされた旅行」のことを書いていただけるのであれば、どんな方でも大歓迎です。

興味がある方&質問がある方はぜひ一度 info@nzlife.net までご連絡ください。
詳細な募集要項や全体の流れなどをお送りいたします。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS