一時帰国をして感じた日本の良いところ

スポンサーリンク

一昨日、「一時帰国をして感じたニュージーランドの良さ」と言う記事を書きました。

今回はその逆と言うんでしょうか、一時帰国をして感じた日本の良いところを書いてみたいと思います。
感じたことはどれも日本に住んでいた時には当たり前すぎて感じなかったことばかりです。でも、いったん外に出てみるとその良さに気がつくこともあります。

食はやっぱり日本

もうこれは海外旅行に3日行っただけでも感じるような、誰もが海外に行って思うことですね。

今回も改めて日本の食のレベルに驚きました。
何を食べても美味しくて、ホント体壊すんじゃないか?と思うほどいっぱいいろいろ食べてきました。

Photo 23-11-14 18 26 33

特に今回は蕎麦をよく食べました。
兵庫県豊岡市にある出石と言う場所で「出石そば」という皿そばを食べたり、栃木県日光市小代で更に蕎麦を食べました。

他にもウナギとか天ぷらとか、カニとか…思い出すだけでもヨダレが止まらなくなるものばかり、まるで盆暮れ正月が一度に来たような食生活でした。でも、これも1年に1回だから許される(お財布的にも)ことで普段日本に住んでいて日頃からこのペースで食べちゃいけませんね。

それに洋食も日本は美味しいですね。
パスタとかピザとか、フレンチも食べに行ったんですけど、1000円ちょっとですごく美味しいものを食べられるのは凄いなぁと感心しました。ニュージーランドなら同じクオリティーで25ドル(2000円ちょっと)は取ると思います。

スポンサーリンク

歴史的な文化がある日本って素晴らしい

ニュージーランドは世界でも有数の新しい国です。
マオリの人たちはだいぶ前から住んでいましたが、比較的原始的な生活をしていたため「文化」と呼べるものが少なく、白人が入ってきて建国してからで言うと、まだ170年くらいしか経っていません。

Photo 15-11-14 13 56 10

そのため日本やヨーロッパ、中国のような歴史的な文化は正直あまりないんです。

その点、日本は京都だけに限らず至る所で歴史を感じることができる建築物や風習があって、これらは大切に保護しなければいけないのと同時にもっと世界的にも認められるべきなんじゃないかな?と思いました。

もちろんニュージーランドに歴史がないのにも利点があって、古くからのシキタリとかシガラミがないので、より新しいことを取り入れたり、人々の声が反映されやすい政治だったりするので、この辺は一長一短な部分だったりもします。

日本は何気に物価は安い

日本に住んでいた頃。日本は物価が高いと思っていました。
出費ばかりが多くて収支のバランスが取れていないというか、とにかく羽が生えたようにお金がなくなっていきました。

Photo 23-11-14 01 03 23

でも、海外に出てみてわかったのは、日本の物価はそんなに高くないかもしれないということです。
少なくともニュージーランドと比べると、ニュージーランドのほうが明らかに物価は高いです。と言うより、過去に何度も書いたことなんですけど、価格競争がある日本では生活必需品は安くて品質が素晴らしくいいのに対して、ニュージーランドは生活必需品であっても値段はそれなりにします。

ニュージーランドで4ドル(300-350円)するタッパーが日本では2つで100円で売られていたり、大きなネギが1本100円で買えるのを考えたら、日本の物価はニュージーランドと比べると安いです。

でも、日本のほうが出費が多くなるのは、前日書いた記事の通り「あると便利だけど無くてもいいもの」をたくさん買ってしまったり、あと2年も3年も使えるのに新しいものを買ってしまう誘惑が溢れているからだと思いました。

日本もキレイなところがいっぱい

ニュージーランドは自然が多く、緑豊かで空も青くて本当にキレイなところです。

Photo 23-11-14 18 06 48

でも、日本もちょっと都心から離れたり、都心の中にいてもキレイな景色をたくさんみることができます。そのキレイさは日本の文化とか、近代的な建物があるから見られるもので、これはこれで日本も良いですね。

どっちもいい国だなーと再度認識

今回の帰国は今までとまったく違う視点で日本を見てきた気がします。

6年住み込みで務めた山奥にある温泉宿Maruia Springsを退職して、首都のウェリントンに越してきたり、今までは企業に勤めてお休みをいただいて日本に行っていたのが、今回はフリーランスとして自分の今後の展開を決めるための動きもしてきました。

Photo 19-11-14 20 49 16

そういういろいろな違いはありつつ、今回感じたのは日本っていい国だなと思いました。
もちろん政治的な問題、原発の問題、そのほかいろいろあるので、短絡的に考えることはできないのはわかっているんですけど、それでも日本の良さをすごく感じました。

もっと多くの外国人が訪れて、日本の良さを味わってもらったり、日本に住んでいる日本人にもっと日本の良さを知ってもらって、それに自信を持って欲しいです。

また次の帰国は1年後くらいになるかもしれません。
その時までにやりたいこと、食べたいもの、行きたいところ、会いたい人などをいっぱい貯めておきます。

いやーーー日本もいい国ですね!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS