ニュージー撮影「東京にオリンピックを呼んだ男」メイキング映像

スポンサーリンク

今日10月11日の9時からフジテレビ系列で放送されるドラマ「東京にオリンピックを呼んだ男」が放送されますね。

このドラマ、以前日刊ニュージーランドライフでお伝えしたとおりニュージーランドが撮影地なんです。主に南島を中心にオアマルや、もっとすごい山の中などを冬のニュージーランドを使ってドラマが作られました。

そんなドラマのメイキング映像が「東京にオリンピックを呼んだ男」の公式サイトやYoutubeに掲載されていたので今日は皆さんに紹介したいと思います。

開局55周年記念の特別ドラマ

このドラマ、フジテレビ開局55周年を記念して作られたドラマで相当力を入れて撮影されたようです。

ニュージーランドでは真冬の7月末に一週間以上滞在して、大沢たかお、常盤貴子、西田敏行など蒼々たるメンバーが出演しています。

ドラマでは主にオアマルが使われました。
この辺の事前情報については以前の記事をご覧頂けると嬉しいです。今日はそれよりもニュージーランドの大自然がタップリ載ったメイキング映像をご覧ください。

メイキングは全部で4つもあります

メイキング映像は全部で4つもあります。
どれも5-7分くらいなので全部見ると20分以上かかります。一気に見るも良しちょっとずつ見るも良しですよ。

ところで今回の映像は日本に住んでいる人しか再生することができません。その辺だけご了承ください。自分は…ちょっと裏技を使って見ました。そのことまで書くと長くてマニアックになっちゃうのでここでは控えさせてください。


まず1個目はクロムウェル(Cromwell)から車で1時間ほど南西に下ったところにあるネイビスロード(Nevis Road)という場所での撮影シーンと出来上がったシーンです。

スポンサーリンク

もの凄い山の中で真冬のニュージーランドを舞台に撮影されています。撮影地はここです。

そして次2話目と3話目はオアマルが撮影地のメイキング映像です。

街中での撮影風景です。1つの街を使ってロサンゼルスとかチリ、キューバーの設定で撮影が行われています。


蒸気機関車まで登場した撮影シーンが登場します。

そして最後4話目はクライストチャーチのFerrymeadで撮られています。

場所はここです。

冬のニュージーランドで真夏の映像を撮ったり、たった1シーンだけのためにニュージーランドに来る俳優さんもいたり大変なんですね、ドラマの撮影って。

個人的にはあれだけの資材を使って、クラシックカーとか電車、日本からのスタッフの滞在費、航空券などなどいったい予算ってどのくらいだったのか、そんな現実的なことが気になってしょうがなかったです。

けっこうドラマ面白そうです

日本に住んでいる方は今日9時から放送されるので、ぜひぜひこのドラマご覧ください。何だかメイキングを見た限りではニュージーランド全然関係ないんですけど、すごく面白そうです。

メイキングを見てどんな風に撮られたのか踏まえて見ると楽しさも増すと思いますよ。

本編見なくてもニュージーランド好きなら1つ1つの動画でけっこう楽しめると思いますよ!

東京にオリンピックを呼んだ男 公式サイト|フジテレビ

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS