今晩からサマータイム!サマータイムの基礎知識と3つのトリビア

スポンサーリンク

ニュージーランドは明日の午前2時、つまり遅い時間まで働く人たちの業界風にいうと今日の26時からサマータイムがスタートします。

今晩寝て明日の朝、目が覚めたら日本との時差が3時間から4時間になるわけですね。

ということで今日はサマータイムに関する基礎知識とトリビア(豆知識)を3つ紹介します。

サマータイムの基礎知識

まずサマータイム(Summer Time)という言葉なんですけど、ニュージーランドではあまり使われていません。主にDaylight SavingとかDaylight Saving Timeという言われ方をしています。

USA Dollar bills

もともとDaylight Savingはアメリカの100ドル札(上の写真)の肖像画として描かれている18世紀の政治家ベンジャミン・フランクリン(1706年-1790年)が提唱しました。

スポンサーリンク

実際にサマータイムが導入されたのはベンジャミン・フランクリンが亡くなって100年以上経った1916年4月にドイツ、そしてイギリスが少し遅れて同じ年の5月でした。

現在ではアメリカ、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ各国、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジルなどで導入されています。日本も太平洋戦争で敗戦し、連合軍に統治されていたとき、1948年から1951年にかけてだけ実験的に導入されていました。

ちなみにサマータイムが始まる日と終わる日はその国によって違います。またその年によっても違います。ニュージーランドは9月最後の日曜日、カナダは3月の第2週の日曜日にサマータイムに入ります。

どうしてDaylight Savingは2時スタートなのか

Clock

日本だと馴染みがないのでピンと来にくいかもしれないんですけど、サマータイムは午前2時に切り替わります。

例えば今年2018年のサマータイムの場合、9月30日からスタートなので「9月29日23時」「9月30日0時」「9月30日1時」そして「9月30日2時」にはならないで「9月30日3時」になってしまいます。

つまり一時間先にジャンプします。

では、どうして夜中の2時に時間が変わるのでしょう。1時とか3時、4時ではダメだったんでしょうか。

セール終了まであと数日!座席の無料アップグレードのチャンス!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

この辺を調べてわかったのは、専門家がいろいろな時間を検討した結果「2時が一番影響がないから」という理由で落ち着いたようです。

「1時」だと時間を戻したときに、午前0時になってしまいます。これは日付変更を考えると誤解があったり、システム的にもいろいろ問題があります。それに1時だとまだ起きている人もけっこういます。

3時だとサマータイムが終わって時間を「3時から2時に」戻すときは問題なくても、サマータイムを始めるとき「3時から4時に」進めるとき、早朝から仕事をしている人に影響が出やすいと考えたようです。

もちろんどの時間にしても少しずつ問題はありますが、「2時」がもっとも影響ないと考えたんでしょうね。

ちなみに日本語で「丑三つ時(うしみつどき)」という言葉がありますね。
時代劇などで「草木も眠る丑三つ時」なんて言われ方をして、もっとも町が静まりかえる時間といわれているんですけど、この丑三つ時は今の時間だと2時から2時半くらいをさすそうです。

つまり日本でも海外でも「人びとが最も寝静まるとき」は2時くらいなんでしょうね。

サマータイムと交通事故の関連

Queen Victoria Clock Tower repair.

アメリカで行われた調査によると、サマータイムが始まって72時間以内は、大きな交通事故が起こる確率は5%から7%高くなるそうです。

スポンサーリンク

眠気も原因の1つではあるんですけど、行動時間が1時間変わったことで明るさが変わることも要因の中にあるのでは?ということでした。ちなみにサマータイムが始まると1時間早くなるため、いつもより1時間早く起きることになります

特に歩行者と車の事故の確率がアップして、朝の通勤ラッシュ時に限ると3倍も交通事故の確率が上がるという恐ろしい調査結果が出ています。

ただしサマータイムが始めると夕方の明るい時間が長くなり交通事故が減少するため、朝の事故の増加と夕方の事故の減少を考えると、サマータイムを導入しているときの方が他の時よりも事故は減る傾向にあるそうです。

サマータイムと心臓発作の関連

他にも別の調査では、アメリカやスイスの大学がそれぞれ別で研究した結果、サマータイムで1日が1時間短くなったあと48時間のあいだは、心臓発作が起こる確率が7%から10%アップすることがわかりました。

ところが逆にサマータイムが終わって1日が1時間長くなるときは、心臓発作の確立が7-10%減ったそうです。つまり全体を見てトータルするとプラスマイナスゼロということになるわけですね。

スイスの研究にいたっては20年にも渡る調査なので、かなり信憑性が高いですね。

日本で導入したほうがいいと思いますか?

three fifty-one

最近、オリンピックのときだけ「2時間のサマータイムを導入」なんていう話がありますね。

スポンサーリンク

皆さんはどう思いますか?

時間帯を変えることによる経済効果があると言われている反面、多くの手間がかかったり、時間が変わるという風習がない日本人に取っては、小さなたくさんの煩わしさや、さまざまな混乱を引き起こしそうです。

以前、北海道で「時間を変えるのではなく、勤務時間を変える」という試みをしたところがあるらしいです。結果は「サマータイムを導入することで省エネなどの効果は出にくい」という理由から本格的な導入は見送られました。

それに「明るいうちに帰る気?」とか言われちゃいそうで。

それと個人的に気になるのは「2時間も動かしてしまう」ことです。ニュージーランドに住んでいると半年に1回、1時間のサマータイムが訪れているわけなんですけど「1時間動かすだけ」でも、けっこうしんどいです。

サマータイムが始まるとき、夜中の2時が一気に夜中の4時になります。
睡眠時間が6時間の人は早く寝ないと睡眠時間がたったの4時間になります。それってけっこう大変です。

またサマータイムが終わるとき、夜中の4時が2時に戻ってしまいます。
寝ている人は2時間長く寝れるのでお得です。でも、働いている人は2時間長く働くことになります。夜中なので容易に交代の人は来てくれません。

しかもそんな大変な思いをしたり、巨額の費用を投じていろいろ制度やシステムを導入しても、サマータイムはたった2年だけ。だったら別の解決方法を探したほうがいいように思うんですけどね。

スポンサーリンク

どうなんでしょう。

 

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS