“ニュージー専用休暇申請書”を作って航空券を当てよう!

スポンサーリンク

昨日に引き続いてニュージーランド航空の話です。
狙ったわけではありませんよ。たまたま今日から往復航空券が当たるキャンペーンを始めて、できるだけ早く皆さんに紹介したかったので、連続でそんなことになりました。

ニュージーランド航空と言えば、奇抜な機内安全ビデオを思い浮かべる方が多いと思います。
もちろんそれだけでも十分面白いんですけど、過去に他にも面白いことをたくさんしているユーモアたっぷりの会社なんです。

例えば、エイプリルフールに「立ち乗りシート発売」のお知らせを出したり、丸坊主の人の後頭部に一時的に広告のタトゥーを入れて宣伝しようとしたり、機内でお見合いパーティーみたいなことをしてみたり。

そんなニュージーランド航空が今度は日本向けに面白いキャンペーンをスタートしました。
期間は今日から10月9日までの約1ヶ月間です。

その名も「とりにくい休暇をとりやすくする”ニュージーランド専用休暇申請書」です。

vacation.arinewzealand.jp-06

名前だけ聞くと「え?どういうこと?」ってなりますよね。
そこで今日はそんなキャンペーンを紹介してみたいと思います。

日本人は休暇を取りにくい

今回のキャンペーンはこんな発想からスタートしました。

今回のキャンペーンに向けたプロモーション動画も用意されていました。

スポンサーリンク

動画を見る時間がない人向けに要約を書くとこんな感じです。

日本人にニュージーランドへもっと来て欲しい
 ↓
でも、なかなか休暇が取れない
 ↓
何で休暇を取れない/取りにくいんだろう?
 ↓
申請書が受理されないからだ
 ↓
じゃあ、受理されやすい申請書を作れるサービスをスタートさせたら?

と言うなんとも無理矢理こじつけたサービスです。
このキャンペーンはFacebookを使ったアプリで、手順に沿っていくだけで間違いなく「全パターン」見てみたくなる休暇申請書を簡単に作ることができてしまうんです。

キャンペーンで航空券が当たる!

冒頭でもちょこっと書きましたけど、このキャンペーンは、なんと5組10名にニュージーランド行きの往復航空券が当たるそうです!

5組10名ってけっこう太っ腹ですよね。

しかも、こんなこと言っちゃ怒られそうなんですけど、ニュージーランドはハワイとか超!人気の観光スポットと比べて競争率が低そうなので、他の場所より当たる確率高そうですよね(笑

手順はこんな感じです

では、どうやって応募するかというと

vacation.arinewzealand.jp-01
まずはこれがスタートしてすぐの画面

vacation.arinewzealand.jp-02.1
「申請する上司を選んでください」という画面で、上司でなくても良いので誰か1人Facebookで繋がっている友だちを選びます。
相手が承認しないと、キャンペーンの応募にならないので承認してくれそうな人を選びましょう。

vacation.arinewzealand.jp-03
相手の弱点を選ぶ。これによって休暇申請書が全然変わってきます。

vacation.arinewzealand.jp-04
そしてニュージーランドに行く日付けを選びます。

vacation.arinewzealand.jp-05
最後に選ぶのは目的地です。今回は選んでしまったので見にくいんですけど、クイーンズタウンにしてみました。

これを選んで最後のボタンを押すと申請書は出来上がりです!

プレビューでどんな申請書が出来るのか見ることができます。
しかも、相手の弱点「論理に弱い」とか「おしゃれな物に弱い」など全部を確認することができるので、時間がある方はぜひ全部見てください!

どれもすっごく楽しいです。
個人的には「押しに弱い」の申請書が楽しかったので、これを選んでみました。

どんなのが出来上がるのかは、ここに書くとニュージーランド航空に「ネタバレするな!」と怒られそうなので載せません。自分で試してみてくださいね!

やっぱり遊び心があって好き

やっぱりニュージーランド航空は遊び心があって楽しいですね。
こんな企画を決めるミーティングとかぜひ参加してみたいです。きっといろいろな楽しいアイディアが出てくる中で作業を進められるってやりがいがあるんでしょうね。

ところですっかり忘れていました。キャンペーンサイトはこちらです。
AIR NEW ZEALAND presents ニュージーランド専用休暇申請書
本日9月10日から来月の10月9日が締めきりです。さっそく今日やっておきましょうね!

※注意:
こんな申請書じゃ会社の承認は降りないよ!とか言わないでくださいね。あくまでもお遊びですから。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS