読者が選ぶ!最強のニュージーランド南島旅行ルート4選

以前「ニュージーランドの観光地 トップ5はどこですか?」というアンケートを取らせていただきました。
すでに北島のオススメルートは読者投票で決まる北島満喫ツアー3選と言う記事で紹介しました。

今日はその2弾目「南島編」です。

旅の期間は5泊6日をベースに

前回同様アンケートで「何泊の旅行が良いですか?」というもので人気が高かったのが「5〜7泊」でした。そこで南島はオークランドとのあいだを移動しなければいけないので、少し短めの5-6日でコースを組んでみました。

どのプランもレンタカーを借りることを前提にしています。
バスで5泊6日だとかなり行動範囲が狭くなりますからね。

オススメプラン①:王道を攻めるコース

まず最初に紹介するルートはもう定番中の定番です。
「初ニュージーランド南島の旅」だったら、ここを攻めておけば「人気」と言われるスポットの「6割は抑えた」と言っても過言ではないと思います。

行きか帰りにChristchurchの復興して活気を取り戻しつつある街並を見て、Lake Tekapoでサーモンが有名なレストラン湖畔でニュージーランドサーモンを堪能して、夜は星空観測。

Sunrise at Lake Wanaka, New Zealand <3
© Taha Elraaid

翌日Mt Cook、そして途中でLake Pukakiのあの幻想的な湖を眺めながらWanakaに移動。Wanakaは大きな街ではないんですけど、とにかく可愛くてキレイです。

Queenstownはもう見どころ遊びどころ満載すぎます。
ジェットボートに乗ったり、バンジーしたり、街中を歩くだけでも相当楽しめます。あと忘れていけないのは「CNNでパリに行ったらエッフェル塔を見るのと同じでQueenstownに来たら食べておくべきもの」とまで言われたFergburgerも忘れずに食べておきましょう。
関連記事:QueenstownのFergburgerは世界で一番ウマい

そして最後はMilford Soundです。
ここへは自分で車に乗っていくことも出来ますし、運転が面倒だったらバスツアーで行くこともできます。ロード・オブ・ザ・リング、ホビットに興味がない人でも、この世界的な名所のMilford Soundには行っておくべきだと思います。

このツアーの場合、AucklandからChristchurchに飛ぶか、もしくはQueenstownに飛んで逆回りをすることもできます。

オススメプラン②:鉄道と氷河を楽しむルート

このプランではChristchurchからGreymouthまでTranzAlpineと言う電車に乗って旅をします。この電車は「世界の車窓から」でも取り上げられた世界屈指の眺めを見ることができます。

Franz Josef Glacier
© Edwin Lee

そのあとGreymouthで車を借りて、一気にFranz JosefかFox Glacierに行きます。Franz JosefとFox Glacierは日刊ニュージーランドライフで何度紹介した?と言うくらいオススメの「氷河ウォーク」ができる場所です。
個人的にはMilford Soundより何より氷河ウォークをオススメします。

そのあとはWanaka→Queenstownと足を伸ばしていきます。

途中で海を右手に走る道があるんですけど、夕陽の時間帯は本当にキレイです。
それと途中に何度もニュージーランドの原生林に囲まれた湖を横切るので、そこでお昼を食べたり、少し体を伸ばすために歩いてみると気持ちが良いと思います。

オススメコース③:東海岸を攻める街並の旅

3つ目のコースはとにかく東海岸を攻めて行くコースです。

Christchurchを出たあと、つい先日「10月放送の3時間ドラマはニュージーランドが撮影地」で紹介したばかりのOamaruにまず行きます。

Oamaruはすごく古い可愛い街並があるのはもちろん、有名なチーズ工場の直売所、さらに途中巨大な丸い石がある海岸Moeraki Boulders、さらに野生のペンギンの生息地などがあります。

Dunedin Railway Station
© labtamg

そのあと世界一急な坂や、ニュージーランドで絶大な人気を誇るビールSpeightsの工場、さらにCadburyのチョコレート工場がまたまた可愛い街並のDunedinがあります。
この街もここには書き切れないほど見どころがたくさんです。

Dunedinのあとは、世界で最南端のスターバックスやマクドナルドがあったり、牡蠣の産地として有名なInvergargillやBluff、さらにはそこから船で下った野生の宝庫Stewart Islandに行きます。

ちなみにInvercargillに行く途中脇道にそれるとCMの撮影地などにも使われている絶景で有名なCatlins Highwayという道もあります。

InvercargillのあとはQueenstownに向かうんですけど、その途中はワインの産地Otago地方なので、ワイン好きはここにたっぷり時間を割いた方が良いかもしれませんね。

オススメコース④:南島の北を攻めるコース

南島はなかなか5泊6日だと南島の北側と南側を全部攻めるのは難しいです。
そこで最後にオススメするのが北側を攻めるコースです。

まずChristchurchを出たら、30分ほどで辿り着けるWaiparaと言うエリアでストップします。ここはワインの産地で特に個人的にはRieslingが美味しいと思っているエリアです。
Pagasus Bay Wineryはご飯もワインも最高に美味しいのでここでお昼を食べることをオススメします。

そのあとはKaikoura。
ここはクジラやイルカを船から見るツアーが有名です。沖に少し出たところで気軽にクジラを見れるスポットは世界的にもあまりないらしく、人気を博しています。

Kaikouraのあとはまたまたワインの産地です。
Blenheimはニュージーランドで一番のワインの産地で2-3日かけても回りきれないくらいワイナリーがたくさんあります。

Blenheimに続いてNelson、そしてTakakaへと向かいます。
Nelsonは大きな見どころはないんですけど、街の雰囲気がすごく人気のある場所です。そのあとはAbel Tasmanでカヤックやトレッキングをして、最後にTakakaにあるPupu Springsで世界有数の透明度を誇る泉を見ることができます。

Abel Tasman
© James Woodward

このコースの場合、Nelsonまで戻ってAucklandに向かう飛行機に乗ります。

日程をもう少し取れる方は

日程を5泊6日より長く取れる方や「もっと弾丸でいける」という方は、これよりも更に観光地を増やすことができますね。

プラン①以外はMilford Soundを入れていなかったので、Milford Soundに行ってみたり、Christchurchより南に旅する人はChristchurchから北に足を伸ばしてKaikoura辺りで遊んでみるのも良いと思います。

更に行ってしまうと「南島一周」も不可能ではないですね。
1週間だと大変でも2週間あればグルッと回って旅をすることもできると思いますよ!

いつかやってみたい南島1周の旅

せっかくニュージーランドに住んでいるのでいつか「南島一周の旅」をやってみたいなーと思っています。

できればその旅の様子を毎晩記事にしながら、旅ができたら良いのにと思うんですけど、なかなか予算の問題でできないのが正直なところです。誰かスポンサーになってくれたりしませんかね(笑

そんな冗談(けっこう本気)はさておき、投票してくださった読者の皆様ありがとうございました!今後、いただいたアンケートのデータを元にさらにいろいろなニュージーランド情報を配信して行きたいと思います!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS