日本の雑誌のインタビュー記事に載りました

スポンサーリンク

実は8月23日発売の日本で発売された雑誌に載せていただくことができました。

発売から1週間弱経っているんですけど、ちょっといろいろ行き違いがあったりして、今日まで本当にその雑誌に載っているのか確認が取れていなかったんです。お知らせしてボツになっていたら目も当てられないですからね(笑

でも、今日やっと確認が取れたのでお知らせさせてください。

雑誌に載るのはちょっと小っ恥ずかしいことだったんですけど、書いていただいた内容が「自分がどうしてニュージーランド情報サイトを運営しているか」をすごく良い感じにまとめていただいていたり、自分のことなのに「頑張っていこう!」と思える感じに仕上げていただいたので、どうせなら多くの人に読んでもらいたいので記事として紹介したいと思います。

簡単に経緯(いきさつ)みたいなものも合わせて書いてみたいと思います。

WARP MAGAZINE JAPANのインタビュー記事

WARP MAGAZINE JAPANという雑誌知っていますか?

自分はまったく知りませんでした…。
試しにGoogle画像検索でWARP MAGAZINE JAPANと入れるとこういう表紙画像がいっぱい出てきます。
WARP MAGAZINE COVER IMAGES
ちょっと1つ1つの画像小さいんですけど、どの人も有名な人たちばかりですよね。

男性のファッション誌らしいんですけど、表紙が毎回蒼々(そうそう)たるメンバーで飾られていて、たぶんターゲット的には20代30代を狙っているのかな?と言うものです。

そんな雑誌、WARP MAGAZINE JAPANの10月号でインタビューをしていただいて掲載いただきました!

スポンサーリンク

WARP MAGAZINE JAPAN OCTOBER 2014
それがこの誌面を日本の家族にカメラで撮ってもらったものです。
残念ながら手元に現物の雑誌はありません。なのでうちの奥さんのお母さんにお願いして雑誌の写真を送ってもらいました。

日本から送ってもらった写真は文字が読めるくらい大きい画像だったんですけど、それを載せてしまうと雑誌社の方に怒られそうなので「こんな感じの写真ですよ」だけにさせてください。

この雑誌の企画は「各国1人、自分で道を切り開いた人にインタビューして海外に出ることを促す連載もの」らしく、今回22回目にニュージーランド代表として取り上げていただきました。

lots of faces on the wall

もともとお話しをいただいたのが3ヶ月弱前の6月上旬。
その後、こちらがバタバタしたり、先方の記者の方が海外在住の方で一時帰国していたりしてインタビューを行えたのが7月中旬でした。もちろんニュージーランドに来て取材をしていただくのではなくSkypeでインタビューをしていただきました。
インターネットってすごいですね!電話代とか気にせずインターネットにさえ繋がっていれば、音声だけでも映像付きでも会話ができてしまうんです。10年前だったら考えられなかったことです。

その後、掲載前に記事の確認などがあって今回の掲載になりました。
ところがこのときお願いした原稿で間違っていたところがあって、修正をお願いしていたんですけど、記者の方とパッタリと連絡が取れなくなり「そもそも掲載されるのか?」という勝手な疑惑が持ち上がりました。
そのためちゃんと掲載されていることが確認できてから、皆さんにお知らせすることにしたわけです。

結果お願いした修正は…直りきっていません(笑
もうこうなったら読んでいただいた方は間違い探しをしてみてください!

WARP MAGAZINE JAPANは本屋さんでも売ってると思います。表紙は俳優の瑛太です。
warp MAGAZINE JAPAN (ワープ マガジン ジャパン) 2014年 10月号
154ページに載っていますので、良ければご覧ください!

もし近所の本屋に売ってない場合はwarp MAGAZINE JAPAN 10月号|Amazon.co.jpでも買うこともできます。

誰かの励みになれば嬉しいです

最初にも書いたことなんですけど、今回雑誌に載せていただいたことを読んでもらって「海外に出ようか迷っている人」とか「何かしようとして踏ん切りが付かない人」が、ひとりでも多くエイ!と前に進んでもらえたら嬉しいです。

自分自身がこのサイトを通して伝えたいことの中にニュージーランドのことや海外生活のこともあるんですけど、日刊ニュージーランドライフを読んでくれた読者の方が「何か新しいことをやってみよう!」と思ってもらえたら良いなと常々思っていました。

なので、その辺を上手に書いてくれた記者の方には本当に感謝したいです。記事にしていただいてありがとうございました!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS