思わぬ格安な値段で海外旅行へ行く方法

ニュージーランドに限らず海外旅行するとき、一番安く行く方法って何でしょう?

旅行、特に海外旅行で大きな割合を占めるのが「航空券」と「宿泊費」ですよね。
特に航空券は国内線なら安ければ1万円台、そうでなければ2-3万円で済むのに、ニュージーランドに来るとなるとエコノミーでも10万円を切ることはなかなかありません。
けっこうこの「航空券」を安く抑えられるか抑えられないかが海外旅行の値段を左右してくると言って過言ではありません。

普段、日刊ニュージーランドライフでは値段の安さよりも「快適な旅をするなら」とか「旅先で長く滞在するなら」という基準でニュージーランド航空をイチオシしています。

でも「快適とかじゃなくて安いのが良いんだ!安いこそ正義だ!」という気持ちもよーくわかります。

そこで今日は海外旅行をするときどうやって来るのが一番安いのかを考えてみました。

とにかく値段で決めるなら

航空会社も機内食も乗り換えの時間も選り好みしない、とにかく「安く」という場合、こんな買い方はいかがでしょうか。

今回紹介する方法は日本発ニュージーランド行きの航空券を買ったときのことを書いています。
もちろん他の国に行く時もこのやり方は使える名付けて「数打ちゃ当たる」作戦です。

Air New Zealand Domestic Flight

当時、ニュージーランドで仕事が決まって、渡航する日はだいたい決まっていました。あとは航空券を買うだけでした。
そこでHISとか有名どころの旅行会社に行ったり、もちろんトラベルコちゃんとかオンラインの激安チケットを販売しているサイトを見たんですけど、どれもほぼ同じ予算オーバーな金額でした。

そこでやったのが「数打ちゃ当たる作戦」です。20社くらい問い合わせをしたと思います。

覚えてるのはトラベルコちゃん、それ以外にも似たサイトに載っている旅行会社に片っ端から問い合わせのメールを送りました。

自分が行きたい日と、航空会社は問わないからとにかく安い航空券を探していると言う旨の内容、それと連絡先を書いて、あとはコピー&ペーストです。

夜遅い時間に問い合わせを送って、翌日は朝から旅行会社からの電話の嵐です。
でも、結果インターネットには載っていない格安の航空券を見つけて無事にニュージーランドに飛ぶことが出来ました。その時は大韓航空のチケットを買いました。

そんなことしたら、いろんなところから電話とかメール来そう…とちょっと心配したんですけど、自分の場合はそんな心配するのが無駄だったくらい旅行会社からは連絡が来ませんでした。

航空運賃+ホテル代のセットで安くする

「航空運賃+ホテル代」のセット、いわゆるツアーを使う方法です。
パックツアーと言われると添乗員がいて面倒くさそうと思う人が未だにいるみたいなんですけど、最近のツアーに添乗員がいないことが多いし、全日程フリーのものもけっこうあるので便利です。

例えば10月上旬に1週間でオークランドに旅行へ行く場合、航空運賃は安いジェットスターでも航空券は12万-13万円くらいします。

ところがパックツアーを見ると、往復航空券+ホテル4泊が付いて14万円を切るものがありました。日によっては13万円ちょっとです。ちなみに航空会社はキャセイパシフィックでした。

Christchurch Airport

もしオークランドのホテルに泊まるつもりでいる人なら、1泊100ドルから150ドル、場合によってはそれ以上する事を考えたら、パックツアーは激安です。

安いパックツアーは上で紹介した「数打ちゃ当たる作戦」と併用で使えるので、旅行会社に日付けと予算、あと欲しい条件(ホテルのランクとか食事、レンタカーの有無)などを書いてスパム的に問い合わせを出すと、思わぬ良いツアーが出てきたりします。

安い航空券&ツアー 飛びつく前に

「数打ちゃ当たる作戦」は電話で「あと少ししか席がない」とか相手の営業トークで、即決させられそうになります。

でも、あまり急いで即決したあとで別の旅行会社から更に安いのが…なんて言うことも。
「今しか無い」という感情を煽ってきますけど、急がず「もし買う場合は今日中に折り返します」とするのが得策だと思います。

それと乗り継ぎ時間もキチンと確認しておきましょう。
中には乗り継ぎの空港で10時間以上待たされることもあります。そうするとせっかくのニュージーランド滞在が短くなってしまいますからね。

発着の時間と乗り継ぎ所要時間を聞いて、落ち着いて考えてみましょう。

もっと良い方法知りませなか?

これ以外にも良い方法あるよ!と言う方いませんか?
ぜひ、こっそり教えてください。記事として追加情報をこっそり載せて、Facebookページでこっそり皆さんにお知らせしたいと思います。

意外と自分は当たり前だと思ってやっていることが、他の人からすると目からウロコ!なんてことありますからね。

情報お待ちしています!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS