ニュージーの奇抜な看板広告6選

以前いくつかニュージーランドのちょっと奇抜な広告を紹介したことがありました。

今回のお話しでは、以前紹介した広告を3つ、それと更に3つの広告を足した6種類のちょっと奇抜な看板広告を紹介します。
特に一番最後の看板は「面白いなぁ」とすごく思いました。

どれも自分が街で見つけたら「おお!」と思わずカメラを向けたり、誰かに話したくなるものばかりです。

以前紹介したものから

まずは以前紹介したことがある広告からご覧ください。

skitched-20130929-194055
© Keith Davenport
これは同性婚が認められたときにTuiと言うブランドのビールの看板広告です。
「お父さん、新しい旦那さん良い人っぽいね」
と言う非常にシュールな看板です。この看板は世論がちょっとざわつきました。

skitched-20130923-120103
© AdGang
そしてこれがお天気サイトMetService の看板広告です。
看板自体がインターネットのブラウザになっていて、MetServiceはこのくらいリアルタイムに情報をアップしますよ!ということなんですね。

skitched-20140414-184835
次がこちら。Hell Pizzaと言うピザの会社がイースターに向けて出した新商品「うさぎの肉入りピザ」で看板に本物のうさぎの毛をビッシリ貼り付けました。
この看板もご想像の通り、世論しかも世界中の多くの人からバッシングを浴びました。

他にもあるニュージーランドの面白広告

他にもニュージーランドはいろんな面白い広告を作り出しているんです。

skitched-20140810-172103
例えばニュージーランドにあるperkjobs.co.nzと言う思いっきりマイナーな求人サイトの求人広告は、本物の人間を看板にぶら下げて「この人はこの求人サイトでこの仕事をゲットしました」と言う看板をウェリントンで出しました。

出した場所がラウンドアバウトだったこともあり、看板に目が行った人が衝突事故を起こしそうになるなどして、この看板も物議を醸し出しました。

そして次はやり過ぎの広告です。
skitched-20140810-173154
キル・ビルという映画ありましたね。キル・ビルをテレビでやりますよ!と言う広告でやり過ぎてしまいました。

お気に入りの広告はこちら

そして最後は細かすぎて伝わらないかもしれないけど、気がついた人は「おお!」となる看板です。

nz-ad-01
もともとこの看板はテレビ番組を紹介するこんな看板がありました。看板の周りにツタが絡んでいます。

nz-ad-02
上の看板を除草剤のメーカーが乗っ取ることにしました。まず1日目に看板を入れ替えて除草剤の看板に差し替えます。

nz-ad-03
2日目。看板の枠にあった草が枯れ始めてきました。

nz-ad-04
3日目。もう枠の部分の草はなくなって看板の軸の部分だけになっちゃいます。

nz-ad-05
4日目。雑草はすべてなくなってスッキリ!です。

いったいこの看板にどのくらいの宣伝効果があったんですかね。気がつかなかった人もたくさんいたんじゃないかな?と思いつつ、こんな面白い看板を作る企画会議って楽しいんだろうなぁと思いました。

他にも面白い広告は山のように

こういった看板広告以外でテレビとかラジオ、インターネット広告などを含めるとニュージーランドはちょっとふざけた面白広告を本当によく目にします。

日本でもけっこう面白い看板広告ありますけど、ニュージーランドはちょっと違ったセンスの看板が多いので、それはそれで見ていて楽しいです。

ニュージーランドは会議とかで盛り上がって、日本だったら「いろんなところから叩かれるから止めよう」という、いわゆる「やり過ぎ広告」もけっこう普通に世の中に出てきてしまう傾向があります。上で紹介したもの幾つかがそんな感じですよね。

でも、だからこそ変な締め付けも少なく自由な発想でいろんなものを作れているんだと思います。
ニュージーランドに旅行に来るとき、日本と違った看板とかを探してみるのも楽しいかもしれませんね!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS