ニュージーランドを旅行する上で知っておきたいWi-Fi事情 2018年9月版

スポンサーリンク

以前、ニュージーランドのWi-Fi事情について記事を書いたことがあります。
それから数年が経ち、情報が古くなってきたので改めて情報をアップデートしたいと思います。

海外に限らず旅行中は美味しいお店や面白そうなアクティビティーを探したり、何かとインターネットで探しものをする機会が多くなります。

「現地の人から情報を得て」とか「行き当たりばったりの旅が面白い」という意見もありますが、それにしてもSNSを見たり、ニュースを読んだり、天気をチェックしたり何かとインターネットは必要です。

そこで今回はニュージーランドのWi-Fi事情 2018年9月版を紹介します。

無料のWi-Fiはけっこうあります

ニュージーランドではカフェやレストランはもちろん、街の中心地に行くと公共施設でも無料でインターネットを開放しているところがあります。

パスワード無しで無制限で使えるところもあれば、お店の人に「Wi-Fiのパスワードを教えて」とお願いするとパスワードをくれるお店、SNSやGoogleのアカウントを使ってログインして使ったり、中には「100MB分のインターネットチケット」をくれるお店もあります。

スポンサーリンク

各地でWi-Fiは開放されているので、まずはスマホやタブレットで近くのWi-Fiを探して、自分がいる施設の名前と同じWi-Fi名を探して見るところから始めてみましょう。

鍵マークが付いている場合は、パスワードが必要になるのでお店の人に。パスワードがない場合は接続後に「アカウントを作ってください」などの画面が出てくることが多いです。

こんなところでWi-Fiは見つけられます

では、どんなところでWi-Fiを開放しているのでしょうか。ざっと書き出してみました。

  • 宿泊施設
  • カフェ
  • レストラン
  • 図書館
  • 空港
  • i-Site(観光案内所)
  • 銀行
  • Sparkという通信会社の電話ボックス(有料)
  • オークランド空港と街を結ぶSky Bus
  • SuperShuttleというシャトルバス
  • フェリーの船内(一部)

チェーン店や大人数が使うWi-Fiは繋がりにくい

ニュージーランドのマクドナルドを始めとしたチェーン店や、空港、図書館などの公共施設のWi-Fiは多くの人が利用します。そのため繋がりにくいことが多いです。

まったく繋がらなかったり、繋がってもすごく遅かったり不安定だったり。

なので、「このWi-Fiたくさんの人が使っていそう」と思ったら、あまり期待しない方が良い方がいいかもしえません。

それとSuperShuttleやSky Bus、フェリーの船内といった移動中に使えるWi-Fiはかなり遅かったり、そもそも繋がらないこともあります。

宿泊施設のWi-Fiは施設ごとに大きく違う

ニュージーランドの宿泊施設といえば、ホテル、モーテル、B&B、バックパッカーズなどがあります。

本日でセール終了!

ニュージーランド航空が10月19日から11月19日までのあいだセールを開催しています。
対象機関は11月から4月で、今回のセールの最安値は8.9万円です。

さらに今回はエコノミーのチケットを買った方のなかから抽選で30名がプレミアム・エコノミーにアップグレードします!これはスゴイ。

詳しい情報は「セールの詳細ページ」をご覧いただくか、「予約ページ」へ直接アクセスして、日にちや人数を入れて値段をチェックしてみてください!

これらの施設によってWi-Fiの環境は大きく異なります。宿泊プランの中に「Free Wi-Fi」と書かれていても、いざ泊まってみると「1日100MBまで」なんていうこともあります。なので仕事などの都合でどうしてもインターネットに繋がらないと困る場合は、予約前に確認するようにしましょう。

速度と安定性を期待してはいけない

ニュージーランドの街中で使えるWi-Fiは有料・無料関係なく日本と比べると速度は遅いです。また不安定なことも多いです。とはいえ以前よりはだいぶマシになった印象もありますが、まだまだです。

そのためSkypeやFaceTimeといったテレビ電話で音や映像の遅延があったり、大きなデータはダウンロードできないこともあります。

確実にインターネット回線を確保したい場合は

確実にインターネットを確保したい場合は、日本からSIMフリーのスマホやタブレットを持ってきてニュージーランドのSIMカードを入れるか、ポケットWi-Fiを購入することをオススメします。

Wi-Fiはどうしても移動中は使うことができませんが、SIMカードを入れたスマホやタブレット、ポケットWi-Fiがあればそういった心配はなくなります。

ポケットWi-Fiを買う場合

ポケットWi-Fiは空港にある通信会社VodafoneやSpark、2 Degreesのカウンターで購入することができます。

値段はだいたい100ドル弱です。日本円で7500円くらいですね。たいてい料金の中に1GBの通信代が含まれています。またデータが1GBで足らないときはポケットWi-Fi購入時に追加(Top-upといいます)することも可能です。

もし旅の途中でデータが足らなくても、いつでもデータを追加購入すことができます。Vodafoneの場合は「Top Up a Prepay Vodem or Pocket WiFi with a voucher」というページが用意されていました。

スポンサーリンク

「でもポケットWi-Fiなら日本からレンタルでも良くない?」と思う人もいるかもしれません。使用用途や滞在期間によって変わってくると思うので、その辺はいろいろ調べて見る必要があると思います。

ちなみに「イモトのWiFi」の場合、ニュージーランドは4G/LTEの接続で「1日1580円)です。一週間使ったら「11,000円」ちょっとです。値段的には高くなりますが1日500MBまで使えるので、単純に合計して旅行中3.5GBのデータ通信ができるようになるということです。

一方VodafoneのポケットWi-Fiは本体+1GBのデータ通信で約7500円。3GB追加するのに50ドル(3800円弱)。合計すると11,300円くらいなので、「イモトのWi-Fi」とほぼ同じです。

でも、滞在期間が1週間を越えるとイモトのWi-Fiは「1日いくら」というチャージ方法なので割高になるかもしれません。

ニュージーランドのSIMをゲットする

そしてなにげに一番便利なのが、ニュージーランドで通信会社のSIMカードをゲットして使うことです。

SIMカードはポケットWi-Fi同様、空港の通信会社で手に入れることができます。SIM自体は5ドルなんですけど、バスの中に無料のSIMがあったり、以前2回ほど通信会社でただで貰ったこともあります。

SIMを入れて設定をすれば、日本と同じように通信環境を手に入れることができるので、一番「日本と同じように」インターネットができるはずです。

SIMカードのプランは「旅行者プラン」もありますが、普通にプリペイドで1ヶ月のプランを使ったほうがお得です。

スポンサーリンク

SIMカードを入れ替えるときに知っておきたいこと

ただSIMカードを入れ替えるということは、スマホやタブレットの設定を替えなければいけません。逆をいえば、日本に戻ったとき、その設定を再び戻さなければいけません。

また日本のSIMカードを旅の間になくしてしまうと、ちょっと面倒くさいことになります。なので、そういった手間や注意は理解の上でSIMカードを入れ替える必要があります。

適宜使い分けて快適なインターネットを

無料のWi-Fiは当たり前なんですけど無料でありがたいんですけど、その代わり場所が限られていたり、接続中は別の場所に移れないなどデメリットもあります。

一方、ポケットWi-FiやSIMカードは、そういうことが苦手な人には手を出しにくいかもしれませんが、使えると非常に便利です。

旅のスタイル。インターネットがどのくらい重要なのかにも合わせて使い分けたいですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS