[アンケート] “英語ペラペラ”ってどのくらいですか?

ニュージーランドに住み始めて今年で7年目、あと3ヶ月弱すると8年目に突入します。

ニュージーランドのワーホリ生活、そしてカナダでのワーホリ生活を終えたころから、会う人会う人に「もう英語ペラペラでしょ?」と言われることが多くなりました。そうするともう毎回同じパターンのこんな会話になります。

友だち:「もう英語ペラペラでしょ?」
自分:「いやいや全然だよ」
友だち:「いやいや、またそんなこと言って」
自分:「いやホントに。旅行するには困らない程度かな?

本当にこのパターンです。
でも、この「旅行するには困らない程度」は謙遜ではなくて、本当にペラペラだなんて一度も思ったことありません。特にウェリントンに引っ越してきて家で、仕事をするようになって英語を話す機会はメッキリ減りました。

最近使う英語と言えば「Can I have a long black and a cappuccino?」とカフェに行ったときに使うお決まりのフレーズくらいです。

Deluxe Espresso Bar

そんなある日、フッと思ったんです。
「英語ペラペラ」っていったいどのくらいのことを言うんだろう?って。

人それぞれ「ペラペラ」のイメージって違いますよね。
そこでアンケートを取ってみたら面白いかな?と思いました。

どんなアンケートかというと。
まずご自身がイメージする「英語ペラペラ」のレベルを下記の選択肢から選んでもらって、そのあとご自身の英語レベルを同じ選択肢から選んでください。

  1. 英語ネイティブの人に日本人だと気付かれないレベル
  2. 英語で億単位の商談が出来るレベル
  3. 日本人がいない企業で英語を使って働けるレベル
  4. 「電話で」友だちと英語で長話が出来るレベル
  5. 「面と向かって」英語で友だちと長話が出来るレベル
  6. 不便はありながらも英語圏の人と友だちを作れるレベル
  7. 旅行中のホテルやレストランで困らないレベル
  8. 何とか意志を伝えられるレベル
  9. 挨拶ができるレベル
  10. 英語と聞くだけでじんま疹が出るレベル

これによってどの英語ラベルが多くの人がイメージする英語ペラペラのレベルなのかがわかりますね。

Deluxe Espresso Bar

それと理想と現実というんでしょうか、自分の英語レベルのどのくらい上を見て「英語ペラペラ」をイメージしているのかもわかると思うんです。

例えば10番の「英語と聞くだけでじんま疹が出るレベル」の人の多くが7番の「旅行中に困らないレベル」を英語ペラペラと考えているなら「3段階」上を見ていることになります。そして7番「旅行中に困らないレベル」を選んだ多くが人は4番の「電話で友だちとずっと話せるレベル」を英語ペラペラだと思っていたら、同じように「3段階」上を見ていることになるわけです。

つまり人は「だいたい3段階上くらい上を見ている」なんていうことがわかるかもしれません。

「そんなこと分かってどうするの?」と言えば、それまでなんですけどね。
でも、人それぞれの考え方の違いとかを客観的に知ることができるこういうことってすごく面白いと思うんです。

このアンケートなんですけど、姉妹サイトの日刊英語ライフでも7月21日(月)の朝の記事でやります。
2つのサイトを使ってできるだけ多くの読者の「英語ペラペラがどのくらいをイメージしているか」を集めたほうが信憑性が出るかな?と思っています。
結果発表は7月末くらいにしたいと思います。

よろしくお願いします!

携帯などでは下のアンケートがキチンと表示されないことがあります。
その場合はこちら(別のウィンドウが開きます)からご協力お願いします。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS