経由便を使って1粒で2度美味しい旅

今年の年末はできれば日本で過ごしたいなーと思っています。
前職が接客業だったので年末年始と言えば繁忙期。一番帰りたいときは一番お客さんが来る時期だったので、そんな時期に休むのは到底無理なお話でした。

つまり6年7年。日本の正月どころか「正月に遊ぶ」ということをしていません。

そこで何となく今くらいから日本に帰る時期とか方法を模索中です。
毎回、直行便のニュージーランド航空で帰っているんですけど、時間があるなら経由便で帰って経由地で遊ぶのも良いかな?と思いを巡らせています。

そこで今日はそんなニュージーランドと日本を行き来する方法を改めて書き出してみました。
自分の場合は、ニュージーランド発着の方法を探しているんですけど、同じ方法が日本発着でもできるはずなので、日本に住んでいる方も参考にしてもらえたらうれしいです。

経由便にして経由地で遊んでみる

ニュージーランド航空の直行便は移動時間も短いし飛行機も快適だし料理も美味しいんですけど、直行便だから当たり前なんですけど、経由地がありません。

Hong Kong by night
© Loïc Lagarde

でも、例えば経由地で行きも帰りもストップオーバーして遊ぶとかも面白いと思うんです。
例えばニュージーランド航空でも直行便を選ばずに、行きは香港経由で香港に1-2泊。帰りは上海経由で上海に1-2泊なんてことができます。

ニュージーランド航空以外だと、例えばこんなところに行けます。

  • オーストラリア各都市 … Jetstar、カンタス航空
  • 韓国 … 大韓航空
  • シンガポール … シンガポール航空
  • 香港 … キャセイパシフィック
  • 上海 … 中国国際航空、
  • バンコク … タイ航空
  • ハワイ … ハワイアン航空

これ以外にもストップオーバーではなく、オープンジョーという格闘技の関節技みたいな方法もあります。
どんなものかというと、例えば東京から香港を飛行機、香港から上海まで船で移動して、上海からオークランドに飛んだりする方法です。

こういうのを組み合わせれば、けっこういろんな方法でニュージーランドと日本を往復することが出来ちゃいます。

Honolulu
© Jay Andruckow
けっこう魅力的なのはハワイアン航空でハワイ経由の一時帰国です。

それ以外だと「世界一周航空券」を買って、ニュージーランド→東京→ロサンゼルス→…とグルッと回って戻ってくることも夢ではなかったりします。これは一時期、真剣に考えたことがありました。いつか絶対に実現させたいと思っていることの1つです。

もちろんそれぞれの便が毎日出ているわけではないので日付の調整が必要になるかもしれなかったり、ストップオーバーやオープンジョーをするのに費用が発生したり格安チケットがなかったり、オンライン予約ではなく電話とか窓口の予約になるので面倒と言えば面倒です。
それとチケットによってはストップオーバーもオープンジョーも出来ないものもありますので、その辺は事前に確認する必要があります。

でも、せっかく旅行に行くために休みを長めに取ったなら、一粒で二度美味しいどころか、行きと帰りで経由地を変えれば一粒で三度美味しい旅行にすることも夢ではありません。
休みを3回取って3カ国行くより、1回ちょっと長めの休みを取って3カ国行く方が航空運賃とかいろいろお得かもしれませんよね。

できれば年内に一時帰国を!

前回帰ったのが去年の10月です。それもだいぶ久しぶりの一時帰国でした。
今回は日本の冬を楽しむためにも年末辺り帰りたいなーと考えています。

日本からニュージーランドに来る方は「ニュージーランドでの滞在を思いっきり満喫したい!」という方だとやっぱりニュージーランド航空の直行便が便利だったりするんですけど、1週間の滞在を5日にして2日間は香港で楽しむというのもけっこう良いと思います。

特に関東以外に住んでいる方だと成田乗り換えじゃなくて香港経由の方が便利だったりしますしね。

航空会社、旅行会社で働いている方や、こういう事情に詳しい方でこんな方法で帰ると面白いかも?と言う面白いアイディア持っている方がいたらぜひ教えてください!金銭的に折り合えば(ここ切実です)記事として読者の方にも知ってもらえるよう実際に試してみたいと思います。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS