日記のススメ 海外旅行/生活を書き残しておこう

皆さん日記ってつけていますか?

自分は長い目で見ると2001年くらいから自分の思ったことをパソコンに書いてメモとして残しています。
もちろん毎日ではなかったり、付けない時は半年とか1年付けないんですけど、何か自分の中で転機が訪れるとき、訪れそうなときは日記を付けるようにしています。

普段は読み返すことは全くないんですけど、最近たまたまパソコンの中のファイルを探していたら日記を見つけたので読み返してみました。そのなかで感じたことを今日の話にしてみたいと思います。

Autumn sky

日が立つと忘れてしまう初心

日々の生活をしていると、日々に謀殺されると言うか、なんとなく感覚が鈍ってくるって感じることないですか?

新しい職場、新しい環境、新しい土地、新しい人間関係のときはいろいろ思うことがあるはずです。
逆に今までの環境から次の環境に移るとき、あんなに出たいと思っていた今までの環境に名残惜しさを感じてしまったり。

でも、そういう気持ちって3ヶ月半年経つと薄れていって2年経つとそんな気持ちなんてすっかり忘れてしまうものです。

それが「海外旅行」「海外生活」となったら、思うことはいっぱいあるはずです。
そのとき楽しいこと、大変なこと、嬉しかったこと、嫌だったことといった感情が揺さぶられることはもちろん、意外とそのときは当たり前のことでも、あとで読み返してみるとすごく楽しい思い出になるはずです。

例えば自分自身の日記を引用してみると、ワーホリ前にニュージーランドに旅行に来て、最後オークランド空港で書いていた文章には

2005年1月8日
この旅はすごくインパクトのある出来事になった。正直自分に自信を与えるものではなく、自分の足りないところ・認識の甘さ・世界の狭さみたいなことを痛感した。
今まで自分が見てきた世界は「日本」というフィルターを通して見ていたけど、実際に海外へ出てそのフィルターを外して見えたことがいろいろあった。きっと日本に居続けたら知ることはなかったんだろうな。

また、今後はその半年後、再びニュージーランドにワーキングホリデーでニュージーランドに渡る日の空港では

2005年7月1日
とうとう当日を迎えてしまった。
待ちに待った日であると同時に人生のターニングポイントになるであろう今日は少し怖かったりもする。でも不思議と緊張はしていない。

と書いてあったり、日々どんなことをして、何を学んで、誰と会って…ということが割りと細かく書かれていて自分でもビックリ。

ワーホリ前の荷物
ちなみに上の写真はワーホリに行く前に新宿駅で撮った1枚。自分がこれから単身でこれだけの荷物で「海外でやっていくぞ!」と決めた意思を今になって感じます。

古い日記を読み返すと平日に書いてあることは正直なところ大したことはなくて、語学学校とかバッパーのエクスチェンジとかいろいろ始まる時と終わるとき、それと今でも連絡を取り合っている友だちと初めて会ったときのことが書かれているのは今あらためて見るとけっこう面白かったです。

日々の生活を書き記そう

日常生活のことを事細かに覚えておく必要は正直ないと思うんですけど、そのときは何気ないことでも5年後10年後にその「当時はなんとも思っていなかったこと」が大きな意味を持ってくるかもしれません。

その瞬間、その瞬間を書き記しておくのはすごくいいですよ。

飛行機からの眺め
この写真は2005年1月8日、オークランドから日本に向けて帰るときに撮った1枚。
上で書いた自分に足りないものとかを強く認識したあとで見たこの景色は今でもずっと忘れられない景色です。

ところで昔は、わざわざパソコンを立ち上げてメモ帳に日記を書いていましたけど、今ではiPhoneなどのスマートフォンや、iPadなどのタブレットに便利な日記アプリがあります。こういったアプリを使うと電車の中とか移動中でもいろんなことを書き留めておくことができるのですごく便利です。

FacebookとかTwitterに書いてる人もいると思うんですけど、これってやっぱり他人が見ることを意識した文章なので、自分の素は書けると思うんです。それはそれで続けて誰も見ることがない場所にコッソリ書き記しておくのがいいと思います。

自分はiPhoneとかiPadで使える日記アプリ「Day One」がすごく評価が高かったので、Day Oneを使って日記を書くようにしています。
見た目もすごく可愛いし、写真を入れたり、自動で位置情報とか天気を入れてくれたりメモ帳に書くよりもいろいろな情報を記録しておけるのもiPhoneならではです。

初心に返って頑張ります!

今回自分の日記を少し読み返してみて、自分がワーホリ前のオークランド旅行でどう感じたか、ワーホリ中どんなことを思っていたかを改めて思い出して、背筋が伸びる思いでした。

いろいろ日が経つと忘れてしまうものなんですね。
最近ちょっと日記がお留守になっていたので、また再び日記をつけようと思います。

日記ってめんどくさいなーと思う方多いと思うんです。
でも、まずは100日1日3行でもいいので続けてみてください。そして読み返してみてください。そうすると日記を続ける面白さがわかると思います。

上で紹介したアプリDay Oneは1日に何度も追記していけるので、思いついた時とかちょっとした待ち時間、移動時間にササッと書き留めておけるので、大きな時間も取りませんしね。

自分はこのあと早速今日のことを書き残しておきます。
「思い立ったが吉日」です!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS