シールの貼り方で見る国民性の違い

しばらく前にインターネットでたまたま見つけた画像がありました。

それはバックパッカーズに泊まったお客さんに「あなたはどこの国から来ましたか?」と言うボードにシールを貼ってもらうと、国民性が出て面白い!というものでした

backpackers miyajima
これがそのシールを貼ってあるボードです。

それぞれの国によって貼り方が全然違って面白くないですか?

でも、でもなんです。
この写真にはニュージーランドがありません。そこで個人と日刊ニュージーランドライフのFacebookページを使って「このバッパーどこだか情報持ってる人いませんか?」とこんな感じ(↓)で流してみました。

.
するといろんな方からメッセージをいただき、さらにこのバックパッカーズの方とも連絡を取ることができて、もう少し詳細な情報をもらうことができたので、記事として紹介させてもらうことになりました。

シールの貼り方でわかる国民性の違い

この「宿泊者にどこ出身かシールを貼ってもらう」という面白い企画をしたのは宮島にある「バックパッカーズ宮島」だとわかって、さっそくバックパッカーズ宮島さんにメールを送ってみました。
すると快く上で紹介したような一部だけの写真だけでなく、全体写真やニュージーランドのところを拡大した写真を送ってくれました。

まずはお礼を言わせてください。
情報をいただいた皆様と、快く写真を送って下さったバックパッカーズ宮島さんありがとうございました!

さてさて。
もう上の写真を見ただけで、いろんな人たちがいろんなことを思ったと思います。
1つ1つの国のことを書いていく前に、このボードの全体像を見てもらった方が良いかもしれませんね。

backpackers miyajima
これが全体像です。
このボードは毎年張り替えているらしく2014年版です。毎年の経験で多くの人が来る国が左上からスタートしているんだと思います。

ではいろいろな国を紹介して行きたいと思います。

backpackers miyajima
まずは日本、アメリカ、そしてオーストラリアです。
もう日本人の律儀さが際立っています。それと謎の黄色いゲイ?と言う人の写真。

そしてアメリカとオーストラリアは比較的自由に、でも一応左から右に詰めていこうとしている意志を感じますね。

backpackers miyajima
そしてビックリするくらい自由なフランス人と、ビックリするくらい規則が決められて、そこにピシッと並んでいるドイツの差がすごいです。

ちなみにドイツはよーーく見ると、横軸にはアルファベット、縦軸には数字が書いてあったり、シールを貼るべき場所に数字が書かれていたり、さらには隣の国の境目に「青は男性 赤は女性」とかキチッ!とルールまで決めて書かれているんですね。

個人的にはドイツ人枠にある自由な感じのシールたちはフランスから流れてきた自由度200%な人たちなのでは?と思っています。

backpackers miyajima
ほか気になったのは、自由な国のイメージがあるイタリアは1人変わった人がいるんですけど、あとは意外とキチッと並んでいたり、ポーランドが面白い並びになっていたり、

そして気になるニュージーランドは!

backpackers miyajima
票数が少なくて個性出ず…でした。

これを見るとカナダはキチッとしてますね。でも言われてみるとカナダでワーホリしていたとき、カナダは思っていた以上にキチッとしていた印象がありました。

そしてやっぱり自由と情熱の国スペインもイタリア同様にキチンとさんの国でした。

ホントお国柄というか個性がいろいろあって楽しいですね。
全体のボード写真をこちらにアップしましたので興味がある方はご覧ください。

お国柄が出るタイタニック沈没の話

以前、取り上げたことがあるんですけど「タイタニック」で救命ボートに乗らないで、海に飛び込んでもらうために国別でどうやって説明したらいいか?という話があります。それをこのシールの話で思い出しました。

アメリカ人に対して … 飛び込めばヒーローになれますよ
イタリア人に対して … 海で美女が泳いでいますよ
フランス人に対して … 決して海には飛び込まないで下さい
イギリス人に対して … 紳士はこういう時に海に飛び込むものです
ドイツ人に対して … 規則ですので海に飛び込んでください
中国人に対して … おいしい魚が泳いでますよ
日本人に対して … みなさんに飛び込んでもらっています
韓国人に対して … 日本人はもう飛び込みましたよ
北朝鮮人に対して … 今が亡命のチャンスです
関西人に対して … 阪神が優勝しましたよ

こういうお国柄が出る事っていっぱいあるんだと思います。

いろいろ見つけては紹介して行きます。
他にもこんなのあるよ!というのがあれば、日刊ニュージーランドライフのFacebookページのメッセージ、もしくはメール info@nzlife.net までお知らせいただけると嬉しいです。
記事で紹介するときのネタバレにならないようコメントでの紹介はお控えください。

よろしくお願いします!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS