ウェリントンは世界で3都市しかない変わった理由で選ばれた首都

スポンサーリンク

皆さん、ニュージーランドの首都がウェリントンだって知ってます…よね?
ニュージーランドの首都は北島の最南端にあるウェリントンで人口40万人の小さな街です。

実はウェリントンは世界に3つしかない変わった理由で首都に選ばれた世にも珍しい首都なんです。

いったいどんな理由で首都に選ばれたのでしょうか。

ちなみにこの情報、日本語でいろいろ探したんですけど、どこにも載っていませんでした。ネタ的にはプチなネタなんですけど、ある意味レアな情報です。

まずはウェリントンの基礎知識

ニュージーランドは450万人弱の人が住んでいます。
そのうち人口が一番多い都市はオークランドの140万人。そして驚くことに次は100万人も人口が減ってウェリントンの40万人です。その次がクライストチャーチの38万人、そしてハミルトンの21万人になります。

ちなみにウェリントンと同じ人口40万人くらいの都市といえば大阪府豊中市、神奈川県藤沢市辺りです。

そんなウェリントンは世界最南端の首都で、ニュージーランドという国が生まれてから3番目の首都になります。

Cuba Street 2014

スポンサーリンク

経済の中心と政治の中心が同じでない首都たち

さて、世の中には国の数だけ首都があります。

首都ごとに、どうしてその場所が首都に選ばれたのか歴史的背景があります。
日本も江戸幕府が終焉を迎えた後、天皇がいる京都を首都とせずに江戸を改名して首都に選んだのかは、いろいろ理由があったそうです。

そんな首都たちの中で「意図的にその国の経済の中心と、政治の中心を別のところにした首都」が幾つも存在します。

例えばイタリアの首都ローマと経済の中心地であるミラノ、アメリカのワシントンD.C.とニューヨーク、そしてもちろんニュージーランドのウェリントンとオークランドも「経済の中心と政治の中心が同じでない首都」に上げられます。

では、ウェリントンはどんな理由で世界に3つしかない境遇の首都なんでしょう。

変わった境遇の首都ウェリントン

どんな境遇なのかを書く前にウェリントンと同じ境遇の首都を2つを紹介します。
中にはそれらの首都を書いたら「あ、もしかして?」とわかる人もいるのではないでしょうか。

その2つの首都というのは上でも名前が出たオーストラリアのキャンベラと、カナダのオタワです。

では、その世界で3つしかない首都の境遇境遇というのは…

Wellington Station

首都を移転させようとしたときに、首都の候補となった2つの都市でどちらか決められず、意見が分かれた結果「じゃ、2つの都市のあいだを取ってここにしましょう」と選ばれたんです。

ニュージーランドは北島と南島が分裂しそうになったときに「じゃ、あいだを取って」と選ばれた場所でした。オーストラリアのキャンベラはシドニーとメルボルンのあいだにあるから。そしてカナダのオタワも首都選びをしていた当時大きな力を持っていたトロントとケベックシティーのあいだだったからという理由で選ばれました。

あとはキャンベラだけで制覇!

意識したわけではないんですけど、カナダでワーホリをしていたとき住んでいた街がオタワでした。そして今住んでいるのがウェリントン。気が付いたら3つの首都のうち2つを制覇していました。

あとはキャンベラに住めば特殊な境遇の首都を制覇することができるんですけど、キャンベラに引っ越すことってあるのでしょうか。。。

ということで、今回紹介した「ウェリントンの変わった境遇」は「へーーすごい!!」という類いの話ではなく、読んでいて「へぇ」と軽く思う程度のプチなネタでした。

でも、何かニュージーランドの話になったとき、飲み会のときに使える話のネタにお使いください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS