6月18日は”海外移住の日”から想うこと

スポンサーリンク

皆さん、明日6月18日は「海外移住の日」だって知っていましたか?

この海外移住の日について調べてみたところ、僕のようにすでに海外に住んでいる人も、これから海外で長期短期を問わず生活したい人にとっても、この日がどんな日なのか知っておいても良いのかな?と思い、紹介してみることにしました。

まずは何で海外移住の日が6月18日なのか。
そんなところから話を始めてみたいと思います。

6月18日が海外移住の日なワケ

海外移住の日は昭和41年、1966年に当時の総理府、現在の内閣府によって制定されました。

さてさて、では何で海外移住の日が6月18日になったのでしょう?
6月18日、618、ろいは?むいや?ろくいち… 語呂合わせで決まったわけではないみたいです。

その理由は今から100年以上も昔、1908年(明治41年)4月28日にまで遡ります。

skitched-20140618-203655
© Wikipedia

場所は兵庫県神戸市です。その日、ブラジル移民の最初の団体781人を乗せた移民船「笠戸丸」が、ブラジルのサンスト港に向けて出発しました。その船は50日もかけて神戸港→シンガポール→南アフリカのケープタウン→というルートで航海し、「6月18日」にブラジルのサンスト港に入港しました。

その後、1973年までの65年間、この航路は定期航路として活躍し、13万人もの日本人をブラジルに運びました。

スポンサーリンク

ちなみに笠戸丸が通ったルートはざっくり書くとこんな感じです。

そんな「最初のブラジル移民がサンスト港についた日」を記念して、6月18日は「海外移住の日」と定められました。そしてブラジルでは6月18日を「日本人移民の日」として定められています。

2度と戻れない片道切符

当時は今とは違って、「海外移住」は二度と戻ってくることができない片道切というイメージでした。
何十年も経って結果的に、日本に戻ってこれた人もいますが、ほとんどの人たちはいったん海外の地を踏んだら最後、日本に返ってくることはできませんでした。

1970年代までの間に、北米やハワイ、中国などに40万人とも50万人とも言われる移民を送り出した神戸の地は、その人たちにとって「二度と戻れないかもしれない最後の日本の地」となったわけですね。

ちなみに日本人初の集団移住は、大政奉還を終えてすぐにハワイへ農業移住した120名、ニュージーランドに最初に移住し、帰化した日本人は野田朝次郎さんと言います。以前記事で紹介したことがありますので、そちらをご覧ください。

今とは全く違う覚悟と考え方

当時の日本人が、海外に移住したするのと、現在の日本人が海外に移住するのでは、あらゆる考え方が違っていました。

当時の人たちは、ほとんどの人が自分の意思で海外に出るわけではなく、もちろん自分のお金で海外に行くわけもありませんでした。もともと国同士が条約を結んでいて、人が足りていないブラジルなどの国に、人が余っている日本人を労働力として送り込むという要素が強かったそうです。

彼らは「現地で行うコーヒー栽培で、一攫千金も夢じゃない!?」というような謳い文句(煽り文句?)に踊らされ、夢を見て海外へ渡りますが、多くの人たちに酷く安い賃金と、奴隷と変わらない過酷な労働環境が待っていました。

skitched-20140618-211505
© wikipedia

しかも集団移民は「働き手が3人以上いる家族」が原則でした。
そうすることで、1回の事務手続きで複数人の人を確保できるという事務的な理由以外にも、1人で移住したらどこかに逃げてしまうかもしれませんが、家族連れなら家族を残して一人だけ逃げたり、家族という大所帯で逃げ出すことは難しい、という逃げ場がない状態を作り出すことができました。

当時と今ではいろいろ違うけど

同じ「移住」という言葉を使っていますけど、当時の移住は「奴隷として遠くに送られる」という非常に過酷な片道キップ。

一方、今の移住は本にいる人とメールやFacebook、Skypeなどのテレビ電話でいつでも連絡をすることができるし、あらゆる情報をインターネットを通して得ることができるし、「もうやーめた」と思えば、いつでも日本に帰ることができます。

もちろん時代が違って、社会が違って、交通事情も違って、あらゆるものが違います。

でも、当時大変な思いをして移住した人がいたことを思うと、今すでに海外に移住している人や、これから移住をしたいと思っている人にとって、何か励みになりますね。

個人的には当時の人たちの移民の様子を知ることができる海外移住資料館が横浜にあるので、いつか機会を見つけて、ゆっくり当時の様子を学びたいなと思いました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS