爆笑必至?衝撃の免許写真 in ニュージーランド

スポンサーリンク

日本で「免許証の写真」といえば、ちょっと笑っただけでも撮り直しをさせられるなど、「不真面目な表情」にたいして相当厳しいですね。

ニュージーランドはどうか?というと、以前の免許の写真を撮るとき、真面目な顔をしていたら「もっと笑った方が良いよ」といわれて撮り直しになったことがあります。

そんな免許証の写真の感覚がちょっと違うニュージーランドで、とんでもない免許証が交付されました。

もともとニュージーランドは緩い緩いとは思っていました。
きっと読者の方もそう思っていると思います。でも、この免許の写真を許してしまうニュージーランドは…

大好きです。

いったいどんな免許写真が運転免許に貼られているのでしょう?

見た瞬間吹きました

事前に「面白いよ」と言い過ぎるとハードルが上がってしまうので、普段あんまりそういうことはいわないようにしています。

でも、今日はその免許の写真を見た瞬間吹き出してしまうかもしれないので、会社や満員電車などで見るのは控えた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

それか「面白くっても絶対に吹かないぞ!」と強く心に決めてから読み進めてください。

宗教上の理由で認められた写真

この笑ってしまった免許証の写真が許されたのはニュージーランドに住むRussellさんです。

普通に考えたら絶対許されないような格好で写っている彼の写真は「宗教上の理由」ということで、許されました。

イスラム教の人が目だけを出した服を着ていたり、インドの人がターバンを巻いていたり、「宗教」という理由で独特な服装をしていたりしますね。

Russellさんはいったいどういう宗教上の理由で許される格好をしていたのでしょう。ニュージーランドだけに、すごいマオリの格好をしているとかでしょうか。

ちなみにこれがその運転免許証の顔写真にモザイクをかけたものです。このモザイクバージョンのさらに下に今回の問題の免許証が出てきます。

pasta strainer man

では、行きますよ?

用意は良いですね?

Russellは頭にあるものをかぶって免許の写真を撮りました。

そのかぶっているものは

pasta strainer man

パスタなどの湯切りをするときのザルです。
ターバンでも帽子でもなく、パスタのザルです。

pasta strainer man

パスタのザルです

実はそういう宗教があるんです

実は世の中にはパスタの湯切りざるを被るのが正装という宗教があるんです。
「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教 Flying Spaghetti Monsterism」といって、2005年から活動している宗教です。

どんな宗教なのかを簡単にいうと「インテリジェント・デザイン(ID)」という宗教のようなものをパロディー化した宗教です。

skitched-20140619-211514

そしてこれが空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」のシンボルの「FSM」です。

彼らの教義の中で信者は海賊の格好をしたり、パスタのザルを頭にかぶるのが正装です。そしてキリスト教で「アーメン」というシーンで、彼らは「ラーメン」といいます。

何の話だかさっぱりわかりませんよね…

ほかにも、いろんな教義があって、そもそものこの宗教の成り立ちなどを追っていくと意外と「くだらない」の一言では片付けられない考えさせられるものがありました。いわゆる現代の宗教を風刺しているものでした。

興味がある方は空飛ぶスパゲッティ・モンスター教|Wikipediaインテリジェント・デザイン|Wikipediaなどをご覧ください。

ちなみにミケランジェロが描いた「アダムの創造」という有名な絵があります。見覚えがある方も多いと思います。

The Creation of Adam

これですね。これは神様がアダムに命を吹き込んだ瞬間とされています。

そんな絵画も「空飛ぶ..略..」にかかるとこんな風になっちゃいます。

The Creation of Adam

これを見て「アホくさ!」と思う人もいれると思います。

でも、神様をまったく信じない人にとって「人型の神様」も、「FSM」も大して変わらないわけです。
そもそも神様が人型だなんて誰も見たことありません。ミケランジェロの絵を見て「変だ」と思わずに、下のFSMの絵だけ「なんだこれ」と思うは変なのかもしれません。

話を「ザルかぶり」に戻すと、実はこの「ザルかぶりのまま免許証の写真を撮ろう」という人たちは世界中で過去に何度も問題になったことがあります。そんな中ニュージーランドは「宗教上の理由ならしょうがない」という判断をしました。

やっぱり緩いね!ニュージーランド

なんていうんでしょう。

pasta strainer man

この空飛ぶスパゲッティ・モンスター教の風刺には奥の深さを感じても、こんなとぼけた顔の彼からは奥深さではなく「面白そうだから乗ってみた」感しか伝わってきません。

でも、そういう主義主張より「面白そうだから」に流されてしまうのも、ニュージーランド人にはよくいるパターンかな?と思ったりしました。

もし街中でパスタのザルをかぶっている人を見かけたら「ラーメン!」と言ってあげましょう!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS