自宅で簡単 ホーキーポーキーの作り方

今日は今までとはまったく違う趣向の違う話を書いてみたいと思います。

ホーキーポーキー(Hokey Pokey)と言えばニュージーランドを代表するデザートの1つですね。

スーパーのアイスコーナーや、アイスクリーム屋に行けば100%売っていて、アイスクリームを食べる家だったら2件に1件は常備されているのでは?と言うほどニュージーランドでは定番中の定番アイスクリームです。

そんなホーキーポーキー。日本では普通には手に入りません。

でも、たまに食べたくなりませんか?

実はけっこう簡単に、しかも美味しく作ることができちゃうんです!

今日はそんなレシピをこっそり教えちゃいます。

ネットに書いてるレシピ通りだと作りにくい

先日、奥さんと「ホーキーポーキーの作り方を記事にしたら、読者の人たち喜んでくれるかもね!」と盛り上がりました。

そこでネットを使って英語で調べてみるといろいろ見つけられました。ネットって本当に便利ですね。

よーし!これなら紹介できるぞ!と思ったのもつかの間。
レシピを見て3秒で「日本の人たちはなかなか作れないじゃん…」と一瞬挫折しました。

何でなのかはレシピを見てもらえればわかります。

Ingredients(材料)

  • Vanilla ice cream(バニラアイスクリーム)
  • 5 Tbsp of white sugar(テーブルスプーン5杯分の砂糖)
  • 2 Tbsp of golden syrup(テーブルスプーン2杯分のゴールデンシロップ)
  • 1 Tsp of baking soda(ティースプーン1杯分の重曹)

材料はこれだけなんです。

でも、ゴールデンシロップって日本だと売ってないですよね?

だからと言ってゴールデンシロップを輸入食品を売ってる高いところで買うのももったいないです。

そこで今度はゴールデンシロップの作り方を調べてみました。
すると材料は「水」「砂糖」「レモン」なんです。

と言うことはゴールデンシロップを作りつつ、そのままホーキーポーキーを作ることができちゃうということなんですね。

ではさっそくホーキーポーキーの作り方を紹介していきます。

ホーキーポーキーの作り方

ホーキーポーキーの作り方は意外と簡単です。
プリンを作るときのカラメルソースを作るのと似ています。

材料は以下の通りです。
砂糖は2つに分けて使うので、下のレシピも分けて書いてあります。

  1. 砂糖 … 50g
  2. 砂糖 … 50g
  3. 水 … 50g/50ml
  4. レモン小さいの1個
  5. 重曹 … 2-3g

5つの材料みたいな感じがしますけど、実は砂糖と水、レモンと重曹だけです。楽勝ですよね。

では、さっそく作って行きましょう。

1:砂糖水を作る

making hokey pokey ice cream
© nzlife.net
まずは小鍋に水と砂糖50gを入れて中火にかけます。
しばらくすると砂糖が溶けてくるので、常にかき混ぜながら全部溶けるのを待って火から離します。

2:カラメルを作る

making hokey pokey ice cream
© nzlife.net
次にテフロン加工などされているこびり付かないフライパンに砂糖50gを入れて、同じく中火にかけます。

砂糖が全部溶けてカラメル状になるまで、こちらも常にかき混ぜましょう。そしてカラメル状になったら火を一番弱くします。

ゴールデンシロップにする

making hokey pokey ice cream
© nzlife.net
そしてそのカラメルの中に最初に作った砂糖が溶けたお湯を少しずつ流し込みます。
この時も常に常にかき混ぜます。

全部砂糖水をカラメルに入れたら、レモンを搾って入れましょう。
個人的にはレモン多めの方がサッパリして好きです。

実はこの時点で調理を止めると、これがゴールデンシロップです。
このソースすっごく美味しいので、これで止めてアイスにかけても美味しいですよ。

ホーキーポーキーにするには水気が多いので、レモンを入れた後はそのまま焦げないように弱火、もしくは時々フライパンを火から離しながら、少しずつ水分を飛ばしていきます。

サラッとしたのが好きなら早めに、ネットリした感じが良ければしばらく火をかけて水気を上手に調整してください。

4:重曹を入れる

making hokey pokey ice cream
© nzlife.net
「よしこのくらいの粘り気でOK」と思ったら、重曹を少しずつ入れていきながら、さらにひたすら混ぜます。そうするとプツプツと泡が出てくるはずです。

全部重曹を入れて、ある程度冷めたらホーキーポーキーのソースが出来上がりです。

5:ホーキーポーキーアイスにする

あとは、ソースが冷めて固まらない程度かつ、アイスが溶けない程度に冷やしてから、アイスクリームに混ぜて冷やして食べても美味しいし、一度こびり付かないクッキングシートに広げて、冷まして固まってからアイスクリームに混ぜるのも美味しいですよ。

ちなみに自分たちは失敗しました(笑

making hokey pokey ice cream
© nzlife.net
ソースを冷ましたつもりだったんですけど、まだ温かかったのと、ソースをかけすぎてベチャベチャになってしまいました…。でも、味は本物のホーキーポーキーですごく美味しかったです。

making hokey pokey ice cream
© nzlife.net
失敗作とは別に、作ったゴールデンシロップをアイスにかけて、冷やしておいたホーキーポーキーのかたまりをアイスにのせたやつも美味しかったです。

アイスも手作りしちゃいました

今回はアイスクリームも手作りだったんです。

making hokey pokey ice cream
© nzlife.net
容器はもちろんTipTopです。

簡単に作り方を書くと

  1. 卵3つ分の卵白でメレンゲを作る
  2. 卵黄3つと砂糖60gをしっかり混ぜる
  3. 生クリーム200ccとバニラエッセンス適量でホイップクリームを作る
  4. ホイップクリームと砂糖を溶かした卵黄を混ぜる
  5. メレンゲをさらに入れて混ぜる
  6. 器に入れて冷凍庫で一晩凍らせる

以上です。

これなら保存料とか添加物なし、生クリームとか砂糖にこだわればけっこう美味しくて安心して食べられるアイスクリームが簡単に作れます。
もっと凝った作り方もあるんですけどね。これすごく楽ちんなのでオススメです。

簡単で美味しいのでぜひお試しあれ!

ホーキーポーキーもアイスクリームを自分で、しかも簡単に作れるってちょっと嬉しくないですか?特別な材料とかも要りません。

重曹なくてもゴールデンシロップをかけても十分ホーキーポーキーっぽいものが出来上がります。

アイスクリームも中にチョコチップとかチョコソース、フローズンフルーツをいろいろ入れたり、シロップを作るときのレモンを柚とかミカンとか柑橘系にしてみても面白いですね。

日本でニュージーランド好きの人たちが集まるパーティーとかに作って持っていったら、喜ばれること間違いなし!ぜひ一度作ってみて下さいね!!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS