33年間でニュージーランド人は世界一太ってしまった

スポンサーリンク

「ワーキングホリデーでニュージーランドに来た人の大半が太る」と言う都市伝説があるの知ってますか?
自分の周りでも「えっ!ウソでしょ?」というくらい太ってしまった子を何人も知っています。

何で太ってしまったのか。

それはもちろん食べ過ぎですね。自分も決して痩せていないので人のことなんて一言も言えません。

ところで会ったことないですか?
「水しか飲まなくても太るタイプ」と言う人。そんなわけないんです。
そんな霞を食べて生きる仙人みたいな人がいたら、その人は医学の進歩のためにも早急に名乗り出て実験された方が良いです。

もちろんニュージーランド人は仙人でもなければ、水を飲んでも太るタイプでもありません。でも、ニュージーランド人は世界で最もここ33年間で太ってしまった人種に選ばれてしまいました。

ところでBMIって知ってますか?

BMIと言うのはWHOが1994年に定めた肥満度を測るための国際基準です。BMIはBody Mass Indexと言うそうです。

BMI Airbus A319-131
© Chris Turner
余談ですけどBMI Airlines (British Midland International)という航空会社があるんですね。

BMIは18.5未満を痩せ形、18.5-25未満が普通、25-30未満を太っている、30以上を肥満としています。

日本人の平均男性は身長170cm、女性は160cm弱と言われているので、それを基準に見ていった場合下記のようになります。

170cmの男性の場合53キロ以下は痩せ形、53-72キロが普通、72-86キロが太っている、86キロ以上は肥満とされています。
そして160cmの女性の場合は、47キロ以下は痩せ形、47-64キロが普通、64-76キロが太っている、そして76キロ以上が肥満という扱いになるわけです。

スポンサーリンク

計算のやり方は「体重kg÷身長m÷身長m」なので興味がある方は自分でやってみてください。

自分の場合、身長184cm、体重82kgなので84kg÷1.84m÷1.84mで24.22でした。
ギリギリ普通でした。ふーー。でも75kgくらいに落としたいので、ダイエットしなきゃ!と日々思ってます。

This is about as round as you can get
© Tjflex2

ニュージーランド人は太り続けている

さて前置きがだいぶ長くなってしまいました。

先日、TheLancet.comがGlobal increase in obesity and overweight、簡単に訳すと「世界的に太ってる人が増えてるよ」と言う記事を発表していました。

内容は188カ国を対象に1980年から2013年までの33年間にわたって、肥満度合いを調査した結果でした。

そのなかでニュージーランドはその33年間で一番人口に対する肥満の割合が一番増えている国であると発表しました。その数はなんとBMIが30%以上の肥満(160cmの女性で76キロ以上)の女性が33年間で2倍以上の13%から28%に膨れあがっていると述べています。

BMIが30%付近の有名人と言えば、プロフィール上だと

森三中
© nzlife.net

森三中の村上(一番右)が146cmの60kgらしいのでBMIが28.1が近い感じですね。
こんなこと言っちゃうと失礼なんですけど、彼女より太った人が人口の1/4以上もいるってすごいですよね。

さらに「太っている」と言われるBMI25-30の人たちと肥満の人BMI30以上の人を足すと全体のが66%、つまり3人に2人は太っていると言うことになるわけです。

貧しさと肥満の関係

ご存じの方も多いかもしれませんが、世界的に見て一定の貧しさにある人たちは、裕福な人たちよりも太っているという傾向があるそうです。

本当に貧しい人たちは痩せていて、お金はあるけど日々の生活で苦労する人たちは太り、そして裕福になるとスリムになっていくそうです。

junk foods
© nzlife.net

これは裕福な人たちほど、健康を維持するために栄養のバランスを考えたり、いろいろな選択肢があるのに対して、貧しい人たちは安くてお腹に溜まるものや、ジュースやファストフードと言ったものを食べる傾向にあるかららしいです。

個人的にはこう思う

ニュージーランド自体、裕福か?と言うとそんなことはありません。
でも、貧しい国か?と言われると、他の国と比べて特別に貧しいわけではないと思います。もちろん貧しい地域があったり、貧しい人たちがいて、ろくに靴も帰ってもらえなかったりするのはわかっています。

それよりも思うのは「食生活が貧しすぎる」ことが原因だと思います。
スーパーに行くと本当にニュージーランド人の食生活の貧しさを垣間見ることが出来ます。

野菜は買ってもジャガイモ、サツマイモ、あとは肉とソーセージとパンと缶詰のパスタと豆、パン、あとは炭酸飲料とか果汁が一桁みたいなジュースをカートいっぱいに買っている人が本当にたくさんいます。

そしてそういうのを見ると「食文化が乏しいな」と思えてなりません。
もちろん太りやすい体質というのもあると思うので一概に「食文化だけがいけない」とは言うつもりはありません。

ところで最初の話に戻るんですけど、なんでニュージーランドに来るとワーホリの人たちは太る人が多いんでしょう。
これはきっとホームステイをして、ニュージーランドの食文化になれて、そのあともだんだん日本食を食べなかったり、自分たちの食文化が犯されてしまうからなのかもしれませんね。

そんなことを思うと、日本で身につけた食文化をニュージーランドのジャンキーな食に犯されずに守っていきたいなと思いました。ヘルシーに暮らしていきたいですからね。

やっぱり日本の食文化って素晴らしいですね!!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS