“不便”のある生活は”学び”がある生活

スポンサーリンク

日本って素晴らしい国だなって一時帰国をする度に思います。
生活の中に「便利」とか「ピッタリ」なものが溢れていて、何をするにも常に「痒いところに手が届く」ような恵まれた環境があります。

でも、それに気が付いたのは海外に出てからでした。
日本にいたときはそんな恵まれた環境にいることなんか考えたこともなく、ただ目の前にあるもの、目の前を通り過ぎていくものに手を伸ばしているだけでした。

便利でピッタリが溢れる日本

大阪 道頓堀

日本人に敢えて日本の便利さを書く必要はないんですけど、あえて日本の便利さを書いておきます。

日本は何でもすぐに手に入って、しかも安いです。
ニュージーランドは物価が安いと以前は言われていましたけど、今は日本より高いです。

100円ショップは品数が多いし、いろいろ便利な物がいっぱいだし、安いし。とにかくスゴいです。もちろん100円ショップの品質は「それなり」なんでしょうけど、それでも企業努力みたいなものは頭が上がりません。

モノの豊富さでいえば、日本で買えないものはないんじゃないか?とさえ思えます。

スポンサーリンク

それに公共の交通機関も便利だし、ホテルとか飲食店などのサービス業も至れり尽くせりのサービスを提供してくれます。

それに「ピッタリ」なもので世の中が満たされてますよね。
「○○用」と書かれた、それぞれの用途に合わせた商品とかサービス・プランがいっぱいあります。

歯磨き粉だけ見ても何種類あるでしょう。
各社が歯磨き粉を出して、その歯磨き粉の中にも朝用、昼用、知覚過敏用、ホワイトニング、歯を強化するタイプなどなどです。

それ以外にも「こういう人にオススメ」というのも多いですね。
居酒屋で「お疲れのあなたにオススメ!ビタミンCたっぷりアセロラサワー」とか書いてあったり、「4種類の潤い成分配合 これ1つでまるごとスキンケア」なんて書いてある商品を見たりしました。

とにかくメーカーは商品を売り込むことに必死です。
1億3000万人も人口があれば、不便と感じるところにビジネスチャンスがあるので、あらゆる不便は解決されている。そんな印象を受けます。

不便がある生活は学びがある生活になる

日本の便利さってホント楽ちんで良いです。
でも、でもですよ、その分だけ頭を使うことがなくなったり、学ぶことがなくなったりしませんか?

自分はニュージーランドに来て不便の中から本当にいろんなことを学びました。
日本だったら探せばピッタリのもの、美味しいもの、便利なものがすぐに手に入るんでしょうけど、ニュージーランドにはないものばかりです。

日本の便利さを知っているぶんだけ、ニュージーランドは不便に感じたり物がないように感じます。でも、そこで「ないから諦める」ではなくて「ないなら作れば良いじゃん」となりました。

炊飯器がなければ鍋で炊くようになるし、うどんがなければうどんを作るようになりました。更に餃子の皮を作って餃子を作ったり、シュークリームが普通に売ってないからシュークリームを焼いたり。あとは味噌も梅酒も作りました。

それ以外だと仕事で使うテーブルがどうしても良いものが見つけられず自分で作ったり、キッチンの調理台も自分たちで作ったことがあります。

何かを作るために何かを学んで、そして作ってみたことで、更なる学びがあります。
1回目より2回目の方が上達しているのも達成感があって気持ちが良いものです。

そしてそれが「学びに繋がる」ことで応用がいろいろ効くようになるので、結果として生活がシンプルになって「断捨離な生活」にも繋がっていきます。

日本の方は疑似不便な生活を送りませんか?

これらのことを書いて「だからニュージーランドは素晴らしい」なんて言うつもりはありません。不便な環境だから、学べましたよという例え話です。

日本に住んでいても目線・考え方を変えるだけで、この不便な生活を送れるかもしれません。

例えば何か買おうとしたり欲しいと思ったとき。
まずは「自分で作れないか」「代用が効くものがあるんじゃないだろうか」と思うところからえてみることをオススメします。
そしてネットとかでいろいろ調べて見ると意外と身近なもので代用が効くことってけっこうあります。

他にも家に「キッチンのシンク用」「ガスレンジ用」「ガラス用」「トイレ用」「お風呂用」「洗面台用」「床用」のクリーナーありませんか?それらって本当に全部必要なんでしょうか?

スポンサーリンク

それぞれがどんな目的と効果があるのか調べてみけば、1本もしくは2本に押さえられるでしょうし、そもそもそれを重曹、クエン酸とかに置き換えられるかもしれません。

そういうことを1つ1つしていくと、生活はシンプルで断捨離されていくし、いろいろ学びもあるし楽しいと思いますよ。

ぜひ一度「不便のある生活」を送ってみてください。いろいろ見かたが変わりますよ。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS