The Riddiford |ウェリントン朝カフェ歩き015

スポンサーリンク

ウェリントン朝カフェ歩きの15回目です。

今日はウェリントンの中心地、Te Papa博物館まで車で5分、歩いて30分ほど離れたニュータウン(Newtown)のカフェを紹介します。

ニュータウンはけっこうファンキーな人たちが多く住む場所として有名で人によっては「治安が悪いから住まない方が良い」なんて言われる場所の1つです。

でも、逆を言えばちょっと面白いお店があったりする場所でもあるんですね。

newtown festival
© nzlife.net
この写真は以前、ニュータウンで行われたお祭りのときの1枚です。建物の感じとか「外国」って感じがしませんか?

さてこんな可愛い街にあるThe Riddifordが今日のカフェです。

The Riddiford in Wellington
© nzlife.net
まず入り口の黒板が目を奪います。
英語の特徴なのかこういう黒板の文字がすごく可愛く見えるのは自分だけでしょうか。Facebookのマークとかも手書きで書かれていて好印象です。

The Riddiford in Wellington
© nzlife.net
カフェはすごく小さいです。そのこぢんまりとした空間にどこかニュージーランドを感じさせるものたちが飾られていました。

The Riddiford in Wellington
© nzlife.net
上の写真にも写っている壁に掛かっているものをアップで。左に少し切れて映っているのは貝殻で作られたニュージーランド。そして木の板にはニュージーランド固有の鳥ファンテイルと、この前オリジナルiPhoneケース発売します!でも紹介したKoruの柄が描かれていました。
Koruの中にはSweet AsとかKapaiとかBBQとかニュージーランド独特の言葉がギッチリ敷き詰められています。

The Riddiford in Wellington
© nzlife.net
今回もカプチーノとロングブラックを頼みました。
ここのコーヒー豆はローワーハット(Lower Hutt)にロースタリーがあるKaramu Coffeeでした。

このページの目次

スポンサーリンク

The Riddifordを勝手に評価

また行きたい度度:★★★☆・ 3.5
★5つが「わざわざ遠くからでも行きたい」★1つが二度と行かないです。

お店の雰囲気:★★★☆・ 3.5
今回のコーヒー:★★★★・ 4.0

カフェは街の中心地からかズレたところにあって、地元密着型という感じがすごくしました。
目の前に大きな病院があって看護婦がナース服を着たまま、友だちと話していたり、いかにも今日は休みなんだなと言う恰好をしたおじさんが朝食を食べていたりして、街中とは違う良さを感じました。

コーヒーは酸味が弱くローストが強くてけっこうパンチのある味がしました。けっこう好みです。

またここ一帯のお店に行く場合、すぐ近くにあるスーパーのカウントダウン(Countdown)の駐車場を使ってもOKなので、車でサッと行って買い物をしてコーヒーを飲んで…と言うこともできるから便利だと思います。

The Riddifordの情報

名前:The Riddiford
住所:16 Riddiford St, Newtown, Wellington 6021
電話:04-389 0470
Web:なし
Free WiFi:なし

ウェリントン朝カフェ歩きについて

ウェリントン朝カフェ歩きは、Wellington(ウェリントン)に数ある美味しいカフェを1つ1つ巡ってレビューをしていく連載企画です。

レビューしたカフェはGoogle Mapsで「Wellington Cafe Map」という名前で掲載していますので、Wellingtonに来たときの参考にどうぞ。

それと一緒に朝カフェしたい人も募集しています。
Wellington在住の方だけでなく、Wellingtonに旅行できた方でももちろん大歓迎です。
詳しくはメール info@nzlife.net までお問い合わせください。

企画がスタートしたきっかけなどは「連載企画「ウェリントン朝カフェ歩き」スタート!」をご覧いただけたら嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS