Ripe Espresso Bar|ウェリントン朝カフェ歩き008

スポンサーリンク

ウェリントン朝カフェ歩きの8回目は隠れ家的に街の中心地から少し外れたところにあるRipe Espresso Barです。

ここは以前、日刊ニュージーランドライフのFacebookページでオススメしていただいたカフェです。

Cafe Ripe in Wellington
© nzlife.net

お店の場所はいろいろなお店が立ち並ぶWillis Streetから一本西側に入ったBoulcott Streetにあります。
この通りはフラッと歩きに行く通りではなく、周りはオフィスとかばかりで自分の場合は普段は用事がなければ行かなさそう場所です。

お店の外観は近くに寄っていかないと気付かないくらい抑えめ。店内には椅子が6-7個あるだけです。
さすが朝だけあって会社にこれから行く人たちが、入れ替わり立ち替わり入ってきてお店の人はずっとコーヒーを作り続けていました。

Cafe Ripe in Wellington
© nzlife.net

コーヒーは陶器のカップに入れて出さず、持ち帰り用の紙カップです。
お客さんはほとんど持ち帰りだし、カップだと洗う手間もあるし…とか考えたんですかね。考え方次第ですよね、そういうのって。

頼んだコーヒーはいつもの通りロングブラックとカプチーノでした。
コーヒー豆はRipeと言うお店の名前と同じブランドのものを出しています。

味はホント最近ずっと多い「酸味が強いもの」でした。
こう毎日酸味が強いものを飲んでいると舌が慣れてくるのか、最近はだんだん美味しく思えるようになるから不思議です。

Ripe Espresso Barを勝手に評価

また行きたい度度:★★★・・ 3.0
★5つが「わざわざ遠くからでも行きたい」★1つが二度と行かないです。

スポンサーリンク

お店の雰囲気:★★★☆・ 3.5
今回のコーヒー:★★★・・ 3.0

ロングブラック。美味しかったです。
それにカプチーノの泡の感じもミルクの状態もすごく良かったんですけど、評価は★★★です。

というのは個人的なことなんですけど紙カップは嫌いです。
それはワインを紙コップで飲むのとキチンとした薄いガラスのワイングラスで飲むのと同じで味が雲泥の差なんです。カップが違うだけで、というかそこが重要なんですけど、風味とか舌触りがだいぶ落ちます。

なのでお店のスタイルなのはわかりますが、「カフェとして」と考えたときの評価は正直あまりよくありません。
ただ近所にオフィスがあって「持ち帰りの美味しいコーヒー」であればけっこう美味しいと思います。

Ripe Espresso Barの情報

名前:Ripe Boulcott Street Espresso Bar
住所:69 Boulcott Street, Wellington
電話:04 499 3949
Web:Ripe Espresso Bar
Free WiFi:たぶんなし。ログインするタイプでパスワードがわかりませんでした。

ウェリントン朝カフェ歩きについて

ウェリントン朝カフェ歩きは、Wellington(ウェリントン)に数ある美味しいカフェを1つ1つ巡ってレビューをしていく連載企画です。

レビューしたカフェはGoogle Mapsで「Wellington Cafe Map」という名前で掲載していますので、Wellingtonに来たときの参考にどうぞ。

それと一緒に朝カフェしたい人も募集しています。
Wellington在住の方だけでなく、Wellingtonに旅行できた方でももちろん大歓迎です。
詳しくはメール info@nzlife.net までお問い合わせください。

企画がスタートしたきっかけなどは「連載企画「ウェリントン朝カフェ歩き」スタート!」をご覧いただけたら嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS