Customs Brew Bar|ウェリントン朝カフェ歩き 003

「ウェリントン朝カフェ歩き」の3回目です。
とりあえず三日坊主でも三日は続くので、この3日目を上手に越えて継続してウェリントンのカフェを紹介していこうと思います。

さて3回目の今日はCustoms Brew Barに行ってきました。
Customs Brew BarはGhuznee Streetにあって前から通りがかる度に小綺麗なお店のたたずまいが気になっていたんです。

しかも今回は前の職場Maruia Springsのとき、お客さんとして来ていただいてからの友人と朝カフェでした。

DSC_0501-2014-03-10-22-13-09
お店を外から見ると大きなガラス越しに初回に紹介したFidel’sや前回紹介したMemphisみたいなファンキーな感じではなくて、どことなく北欧系のようなシンプルでスマートな店内が見えます。

DSC_0494-2014-03-10-21-40-45
カウンターに立つ店員も白いシャツに紺のエプロンをしています。
大きなタトゥーとか耳たぶに巨大な穴が空いたピアスとか付けていません。ちなみにFidel’sMemphisはバリバリのタトゥーとか付けた店員が働いているので、お店によってだいぶ雰囲気が違いますね。

DSC_0496-2014-03-10-21-40-52
店の奥の雑貨が並ぶ棚。
どこかオシャレです。日本のオシャレな雑貨屋さんを彷彿とさせて見ているだけで楽しくなります。

Customs Brew Barのコーヒー

DSC_0499-2014-03-10-21-41-08
さっそくコーヒーを。まずはロングブラック(Long Black)

DSC_0500-2014-03-10-21-41-12
そしてカプチーノ。
カプチーノはChristchurch(クライストチャーチ)ではあまり見ないチューリップカップに入っていてビックリしました。濃いコーヒーを飲みたい人は嬉しいと思います。

もし濃いこういうタイプのカプチーノを飲みたいときは Can I have a cappuccino in a tulip cup? と言えばこういうタイプのカップに入れて作ってくれますので、試してみてくださいね。

Customs Brew Barのコーヒー

コーヒーの味はロングブラックとカプチーノどちらもけっこう酸味が強い豆を使っていました。
「酸味が強い」と書くと「酸っぱい」を想像する方も多いと思うんですけど、「青みのある酸っぱさ」というんでしょうか、ワインで言うソーヴィニヨンの青さと言うんでしょうか、そういう風味です。

個人的には、ワインもあまりソーヴィニヨン・ブラン(Sauvignon Blanc)を飲まなかったりするので、あまり酸味が利いたコーヒーは得意ではないんですけど、そういうコーヒーが好きな人にはたまらないと思います。

カプチーノにかかっているチョコレートは量が少なめであまりチョコレートを感じませんでした。

それとこのお店では高級ドリップコーヒーの容器Chemexアマゾンで見るを使ったコーヒーを飲めます。
今日一緒に行った友人はそれを飲んでいて飲ませてもらったんですけど、エスプレッソコーヒーとは違うもっとサッパリとした風味のコーヒーでした。

コーヒー豆はSUPREMEを使っていて、SUPREMEの直営店のようです。
他にAucklandやChristchurchにも系列店があるようなので近くに住んでいる方はぜひ行ってみてください。Wellington市内のお店は全部行く予定です。

Customs Brew Barを勝手に評価

オススメ度:★★★★・ 4.0

お店の雰囲気:★★★★・ 4.0
今回のコーヒー:★★★★・ 4.0

全体的には雰囲気がすごく良く、店員もすごく感じ良いのでかなり好印象でした。
内装もオシャレなので、朝カフェしながら店内をボーッと眺めるだけでその日一日良いスタートを切れそうです。

コーヒーも朝カフェにピッタリの酸味が利いたタイプ。
朝だけでなくても爽やかな酸味が利いたタイプが好きな方はここは絶対にオススメです。

Customs Brew Barの情報

名前:Customs Brew Bar
住所:39 Ghuznee St, Te Aro,Wellington 6011
Web:39 Ghuznee St, Wellington
Free WiFi:なし

ウェリントン朝カフェ歩きについて

ウェリントン朝カフェ歩きは、Wellington(ウェリントン)に数ある美味しいカフェを1つ1つ巡ってレビューをしていく連載企画です。

レビューしたカフェはGoogle Mapsで「Wellington Cafe Map」という名前で掲載していますので、Wellingtonに来たときの参考にどうぞ。

それと一緒に朝カフェしたい人も募集しています。
Wellington在住の方だけでなく、Wellingtonに旅行できた方でももちろん大歓迎です。
詳しくはメール info@nzlife.net までお問い合わせください。

企画がスタートしたきっかけなどは「連載企画「ウェリントン朝カフェ歩き」スタート!」をご覧いただけたら嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS