発売決定!日刊ニュージーライフ オリジナルiPhoneケース

スポンサーリンク

先月のちょうど4月1日エイプリルフールの日にオリジナル マオリ柄のiPhoneケースを発売!と言うウソのような本当の記事をアップしました。

おかげさまで製品化決定が決まって、しかも試作品の写真が日本から送られてきました!

そこで今回は実際に日刊ニュージーランドライフのオリジナルマオリ柄のKoruを入れたiPhoneケースがどんな風に仕上がったのか、それと初回注文の締め切り日などをお知らせしたいと思います。

そもそもの話を簡単に

この話をまったく知らない方もいると思うので、簡単に今回の話の経緯を紹介したいと思います。すでに前回の記事をご覧いただいた方は「試作品が完成!」というところからご覧ください。

iPhoneとかiPadなどの革のケースを販売している「国立商店」という会社があるのをご存じでしょうか。この国立商店の商品で革職人が1つ1つ仕上げて作っていく「職人が作るオイルドレザースリーブケース」というシリーズがあります。

このシリーズは新しいモデルが出る度に、インターネットのメディアはもちろん各誌紙面でも取り上げられるほど人気がある「知る人ぞ知る」製品なんです。

そのため常に「次のロット待ち」状態で店頭に並ぶことはありません。

その「職人が作るオイルドレザースリーブケース」に日刊ニュージーランドライフのオリジナル マオリ柄のKoruを型押ししたiPhoneケースを作る話がありました。

koru-sleeve-image004
これがそのKoruです。実はしばらく前から日刊ニュージーランドライフではロゴの一部として使われていました。

スポンサーリンク

ただ商品化に対して、最初の条件として10個注文が集まったらという高いハードルがありました。

試作品が遂に完成!

4月1日に「ウソのようなホントの話」としてiPhoneケースにオリジナルデザインを入れて発売しますよ!と告知させていただいて、実はその10個を2週間ほど前に達成していたんです。

ところが試作品ができるまでは、本当に製品化することが出来るかわからなかったので告知をしませんでした。
そして昨日、試作品が完成して国立商店から写真が送られてきました!

nzlife.net original iphone sleeve case
© nzlife.net
iPhoneと並べて撮った写真です。型押しのKoruが入ってますね。

nzlife.net original iphone sleeve case
© nzlife.net
角度を変えて撮ってみるとKoruがクッキリ入っているのが見えます。

nzlife.net original iphone sleeve case
© nzlife.net
iPhoneを入れるとこういう風になります。ゆったりとiPhoneを包み込むように作られています。

その他にも国立商店のホームページにはいろいろな角度から撮られたこのケースの良さがわかりやすく伝わるような写真が掲載されています。

初回締め切りは5月6日

急な締め切りで申し訳ないのですが、初回締め切りを5月6日に設定させていただきました。

4月1日にお知らせして、すぐに注文くださった方は1ヶ月も待っていただいているので、できるだけ早く商品をお手元に届けたいからです。

nzlife.net original iphone sleeve case
© nzlife.net

5月6日に締め切った初回注文分の発送は「6月初旬」を予定しています。
今回、無理を言って通常の生産ラインに日刊ニュージーランドライフのオリジナルモデルをねじ込ませてもらっているので、発送は少しだけ遅れる可能性もあります。その点、ご理解いただけたら嬉しいです。

ご注文や、商品の詳細は職人が作るオイルドレザースリーブ for iPhone ブラックxレッド ニュージーランド Editionをご覧ください。

ちなみにお値段は5,149円(税込み)です。

購入いただいた方ありがとうございました!

今回ご注文いただいた方々、本当に本当にありがとうございました。

気持ちとしては個別にメールを書いてお礼を差し上げたいところなんですけど、個人情報の兼ね合いでなかなかそういうわけにはいきません。なのでこの場を借りてお礼をさせてください。

買っていただき本当にありがとうございました!

まだ購入されていない方。
今のところ今後も定番商品として販売できる方向で話を進めていますが、まだ初回注文締め切りまであと2日ありますので、ぜひこの機にお求めいただけたら嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS