神々しい!次世代規格4Kのカメラで撮影されたニュージーランドがすごい

タイトルが「次世代規格のカメラ4K」と何だか小難しい感じになってますけど、簡単に言ってしまうと「ニュージーランドの景色がすごいキレイな動画」を紹介したいと思います。

今まで数々のニュージーランドの動画を紹介してきましたけど、この動画ほど細部にわたって「キレイ!」と思えたものはありませんでした。

そのくらいキレイです。
パソコンの画面の中に手を伸ばせば、その世界が本当に広がっているかのよう立体感まであるから不思議です。

そんなものすごい動画を今日は紹介します。

次世代規格のカメラってなんだ?

一応その「次世代規格の…」という部分に興味を持った方向けに軽く説明を書いておきます。興味のない方は次の「難しいことはさておき動画をどうぞ」まで飛ばして読んでください。

次世代規格と言うのは「4K解像度」と呼ばれるものです。
フルハイビジョンの4倍の画素数を持っているので4倍キレイってことですね。最近ではその4K解像度に対応した4Kテレビまで出ているそうです。

わかりやすい例だと、VHSのビデオを見てたときDVDのビデオを見て「すごいキレイ!」と思ったのと同じ、そしてDVDに慣れてからブルーレイを見て「うぉ!何コレ!」と思ったのと同じす。
4Kの動画はブルーレイの4倍、DVDの24倍も画素数というのが多いんです。

難しいことはさておき動画をどうぞ

この動画を見るときはできるだけ大きな画面で見ることをオススメします

携帯で見ている方はお気に入りに入れるなどして、あとからパソコンで見てください。なんだったら家のテレビでネットが出来る方などパソコンより大きな画面がある方はその画面で見ることをオススメします。

この動画の凄さは大きな画面で見れば見るほどわかってきます。
最初は小さい画面で見て、次デスクトップのパソコンで見て、最後はテレビでネットができるので32インチくらいの画面で、しかも部屋を真っ暗にしてみたんですけど、テレビで見た動画は別物でした。

それと毎回のことなんですけど、よりキレイに見ていただくための説明をサッと載せておきます。
skitched-20140429-175716

それではお楽しみください!

AWAKENING | NEW ZEALAND 4K from Martin Heck | Timestorm Films on Vimeo.

ぜひ2ー3回見てみてください。

「星ってこんなにたくさんあった?」と思える溢れんばかりの星が空を瞬いています。
これはさすがに実際にニュージーランドの空を見ても、ここまでの数は見えません。高感度のカメラで撮影してるんだと思います。

そんな高感度、高精細のカメラなので水のゆらゆら揺れる様子とか木の表面のささくれ立った感じ、岩のゴツゴツ感、雲のふんわりして形を留めない様子など、すべての質感が手に取るように分かります。

それにしてもすごいです。

ニュージーランドの政府観光局がこの動画を撮った人とコンタクト取って、何かプロモーション映像を作ったらすごいものが出来そうですね。
100% Pure New Zealandどころか、見えないくらいの星を映し出すカメラだったら300% Pure New Zealandくらいの勢いでプロモーションできると思います。

ちょっと響きが
桃屋 つゆ 濃縮3倍 600ml
「3倍濃縮の麺つゆ」みたいなのが欠点ですけど。

この技術で日本も撮って欲しいです

ニュージーランドは自然がすごくキレイです。これは自信を持って言えます。

でも、日本もキレイです。特に京都とか歴史があり、なおかつ自然があるところはニュージーランドにはない美しさを持っています。そして日本の都会も自然とは違って絵になりますよね。

良いのがあったら紹介しようと思ったんですけど、4Kの動画で「お、これはオシャレだしキレイだし紹介したいな」と思えるものは見つけられませんでした。

もしご存じの方がいたら教えていただけると嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS