Hopper St|ウェリントン朝カフェ歩き020

スポンサーリンク

日刊ウェリントンライフでやっていたウェリントンのカフェレビュー企画「ウェリントン朝カフェ歩き」が今日から日刊ニュージーランドライフにお引っ越ししてきました。通算で20回目になります。

今日紹介するカフェはHopper Stと言うカフェです。
日刊ニュージーランドライフの読者の方が教えてくれた個人的には穴場中の穴場なのではないか?と思っているカフェです。

しかも先に書いておきます。
評価は5段階中の一番上★★★★★です。

このカフェHopper StはSupremeと言うコーヒー豆の会社の直営店です。
場所は近所の人しか行かないだろうなと言う場所に、文字通りひっそりとあります。

Hopper ST, Supreme in Wellington
© nzlife.net
店の前を何度も通っているのにまったく気が付いていなかった外観。

Hopper ST, Supreme in Wellington
© nzlife.net
入り口にはFactory Cafeと書いてあります。
ここはコーヒー豆を煎る工場(ロースタリーと言います)に併設されるカフェなんです。

Hopper ST, Supreme in Wellington
© nzlife.net
このカフェ営業時間が月曜日から金曜日の7時半から12時半までです。1日たったの5時間しか営業しません。

きっと工場と併設されているので、このカフェから大きな利益を生もうとか思ってないんでしょうね。

Hopper ST, Supreme in Wellington
© nzlife.net
バリスタのRichardとそのお客さん。
このカフェは椅子が5個くらいしかありません。バリスタとも対面で座るのでいろんな話ができます。この日は右に移っている人も交えて4人で話し込んじゃいました。

Hopper ST, Supreme in Wellington
© nzlife.net
ちょっとマニアックな話なんですけど、ここのエスプレッソマシーンは一般的に使われている自動ではなく手動でした。

Hopper ST, Supreme in Wellington
© nzlife.net
このカフェの嬉しいのは金曜日に行くとお会計の時にサイコロを振らせてくれます。
もしゾロ目がでるとコーヒー代はタダになるんです!タダになるとかならないとかよりも、その遊び心が素敵じゃないですか?

スポンサーリンク

Hopper ST, Supreme in Wellington
© nzlife.net
そして毎回のことなんですけど、頼んだコーヒーはロングブラックとカプチーノです。

Hopper Stを勝手に評価

また行きたい度度:★★★★★ 5.0
★5つが「わざわざ遠くからでも行きたい」★1つが二度と行かないです。

お店の雰囲気:★★★★☆ 4.5
店員の雰囲気:★★★★☆ 4.5
今回のコーヒー:★★★★☆ 4.5

この上の写真でも紹介した機械式でないエスプレットマシーンのせいか、ロングブラックがすごく美味しかったです。そして全国展開しているコーヒー豆の会社の直営カフェだけあってバリスタの腕もすごい良かったです。

そしてこのお店の良いところは「商売っ気ゼロ」なところ。
お店の営業時間が7時半から12時半と短いことはもちろん、バリスタのRichardもお客さんと話すことを楽しめるここが好きだと言っていたり。そしてタダでさえ多くないお客さんなのに、金曜日はサイコロを振ってぞろ目がでれば無料にしてしまったり。

店員とお客さんの距離が近くて、お店の人といろんな話が出来るカフェは今までまったくなかったので、ここはものすごく気に入りました。

Hopper STの情報

名前:Hopper St
住所:35 Hopper St Wellington
電話:04-384 7788
Web:Hopper St – COFFEE SUPREME
Free WiFi:なし
コーヒー豆:Supreme

ウェリントン朝カフェ歩きについて

ウェリントン朝カフェ歩きは、Wellington(ウェリントン)に数ある美味しいカフェを1つ1つ巡ってレビューをしていく連載企画です。

レビューしたカフェはGoogle Mapsで「Wellington Cafe Map」という名前で掲載していますので、Wellingtonに来たときの参考にどうぞ。

それと一緒に朝カフェしたい人も募集しています。
Wellington在住の方だけでなく、Wellingtonに旅行できた方でももちろん大歓迎です。
詳しくはメール info@nzlife.net までお問い合わせください。

企画がスタートしたきっかけなどは「連載企画「ウェリントン朝カフェ歩き」スタート!」をご覧いただけたら嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS