日本からニュージーに送金するベストな方法

スポンサーリンク

ニュージーランドに留学やワーキングホリデーで来ようとしている方。
日本を離れてニュージーランドに移住しようとしている方。

そんな人たちが必ず一生懸命考えるのが「日本からニュージーランドにどうやってお金を移そう」ではないでしょうか。

自分自身、ワーキングホリデーでニュージーランドに来る時に、当時書いていたブログで、お金をどうやって持って行くか真剣に調べて記事にしたことがありました。

その時の結果は「クレジットカードを使う」か「海外で引き出せるタイプの銀行口座を持つ」でした。そもそも持っていく金額がすごく少なかった(たしか30万円くらい)ので、どのやり方でも大差はありませんでした。

でも、1年以上の留学をする方や、永住を視野に入れてニュージーランドに来る方に取って「レートのちょっとの差」は、ドルにした時大きな違いになるんですよね。

そこで今回は今、自分が知っている中でベストな送金方法を紹介したいと思います。

日本国内で両替レートが良いところを探すのは無駄

Japanese Yen Bills

スポンサーリンク

「お金をどうやって両替するのがいいか」を考える時、どの銀行で両替するのがいいのかを考えるのはあまり意味がないかもしれません。

というのも、両替レートの差がすごく少ない上に自分が使っている銀行でなかったり、両替レートが良い銀行へ行くために時間をかけて電車に乗って、出先で疲れたからとカフェでお茶をして、ついでにケーキを食べて。。。なんてしているうちに「レートで得した分」は帳消しになってしまいます。

ハッキリ言ってしまいます。日本国内で両替することを考えるのは止めましょう。

なぜなら日本国内で両替をするのはレートが良くないからです。

日本円の両替は海外でするのがGOOD

なんで日本国内で両替をするのはレートが良くないのでしょうか。

それは特に、ニュージーランドの場合そうなんですけど、日本国内でのニュージーランドドルの需要が少ないからです。

「日本円をニュージーランドドルに両替したい人が少ない」=「価値が低い」=「レートが悪い」となってしまいます。もっと極端な例えだと、マイナーすぎる通貨だと両替すらしてくれません。それは「銀行にとって価値がないから」です。

ところがニュージーランド国内はもちろん海外において日本円はそれなりに価値があります。
そうすると、「日本円を欲しい人が多い」=「価値が高い」=「レートが良い」となるわけです。

スポンサーリンク

「じゃあ、現金で持って行くのがいいか!」と思う方もいますね。

ニュージーランドの場合、1万ドル以上(約80万円)の現金を持っていく場合、 Border Cash Reportという書類を記入して申請が必要になります。もし申請せずに黙って持ち込もうとすると罰金が課せられます。詳しいことはNew Zealand Customs Serviceのウェブサイトをご覧ください。

僕はこの書類を使って現金を持ち込んだことはありません。なんだか大変そうなので。。

それに考えてみてください。
もし留学や移住の生活資金といったら、250万円とか300万円、滞在期間によってはもっと必要になってくるはずです。

例えば200万円をニュージーランドに持っていくと場合、200万円の現金を持って飛行機に乗ったり、口座が出来るまで200万円をずっと持ち歩いて移動するのは怖くないですか?

それに銀行に行っていきなり「200万円をドルに換えて!」と言っても、断られるかもしれません。

日本からお金を移すときの悩みをまとめると

上で書いたようなことが日本から海外にお金を動かしたいときの大まかな悩みだと思います。

上に書いたことを含めて、留学/移住するときのことを考えたお金を移すときの悩みを改めて書き出してみたいと思います。

スポンサーリンク

  • 日本で両替するとレートが良くない
  • 現地で両替するために現金で持って行くと盗まれたりしないか不安になる
  • 比較的安全性の高かったトラベラーズチェックは2014年3月に終了した
  • 留学する学校へ送金しないといけないけど、日本国内レートが悪すぎる
  • 事前に送金しようとしても、そもそもニュージーランドに受け取り口座がない
  • 日本のクレジットカードで日本の口座引き落としにしても良いけど、学校の費用など大きなお金は出せないことがある。

こんな問題を解決してくれるかもしれない方法が実は昔からあったんです。

きっとこれがベストな送金方法

Cell Reception

僕は年に1回か2回、日本からニュージーランドに送金をしています。
主に日本で発生した収入をニュージーランドに送るためです。そしてその都度、どうやってお金を送るのが良いのか調べています。

その結果、無い知恵を絞って色々調べてみたところ、日本からニュージーランドにお金を送る時、いくつかレートが良い送金方法があることがわかりました。

  1. FXで送金。
  2. TransferWiseという会社を使った送金
  3. KVBという会社を使った送金

1番のFXは僕自身の不勉強なんですけど、正直よくわかりませんでした。
それと僕の場合、日本に拠点がないので手続きの面で不都合があったりしました。

2番のTransferWiseは2011年にスタートしたサービスで、日本では2016年9月にサービスを開始しています。レートはかなりよく周りで数人利用者がいます。まだ日本で始まったばかりのサービスなので利用したことはありません。
気を付けたいのは送金の上限が100万円という点です。留学や移住資金の送金だと上限100万円は何度か送金をしないといけないかもしれません。

そして3番は僕が過去に何度も使っている送金サービスのKVBです。
このサービスは日本では両替をせず、日本円のままニュージーランドに送金して、ニュージーランドで両替をしてくれるのでレートがかなり良いです。

ちなみにKVBと言うのは、ニュージーランド政府の機関Securities Commision of New Zealandから正式なライセンスを持ったキチンとした企業です。

スポンサーリンク

どんな仕組みでどのくらいお得なのかチャートを作ってみました。
画像はあくまでもイメージです。日本の銀行から海外に送金する時に手数料を少し取られますが、その辺は図に入れていません。またレートは2017年10月3日のものを使っています。

このイラストでイメージ伝わりますか?200万円で500ドル弱違うって大きくないですか?

留学をするにしても移住をするにしても、何かとお金は物入りです。
そんなときに500ドルを節約できるのは本当にありがたいです。自炊する人なら500ドルあればいったいどれだけの肉とか野菜を買えることでしょう。

しかも、このKVBのすごいところは

  • 手数料が無料
  • ニュージーランド国内の口座開設まで6ヶ月保管してくれる
    つまり日本で送金だけしておいて、ニュージーランドに到着後、銀行口座を開設してから振り込んでもらうことができます。
  • 2件までならニュージーランド国内の振り込みも無料
    なので1件は語学学校、1件はしばらく保管してもらって自分の口座が開設されたらそこに送ってもらうことが出来ます。
  • 日本人スタッフが常時対応してくれる

レートも良いし、手数料も取らないし、日本人スタッフもいるし、資金を保管してくれるし良いことずくめですよね。

KVBのレートがいい理由

KVBはどうしてレートが良いのか?というと銀行と違って、こういう外貨の取り扱いを専門にやっているので、その分だけ良いレートが得られるのが1つ目の理由です。

そして2つ目は銀行は「固定レート」という銀行にとって利益が出やすいレートを使っています。ところがKVBは「変動レート」という、その時のレートに応じたレートで両替えをしているからです。

スポンサーリンク

KVBを使って円送金するには

さっそくKVBで円送金しようと思っても、ものすごい面倒くさい手続きが山盛りだったら面倒くさくてやりません。

でも、手続きはオンラインの申し込みページから行えます。しかも日本語で用意されていてるので簡単です。

手続きの流れは

  1. オンライン申し込みページにアクセスして申し込む
  2. 本人確認書類を送る。
  3. 銀行の窓口に行ってKVBに「日本円のまま」送金する

以上です。

あとはKVBがニュージーランドの指定口座に振り込んでくれます。

この方法が本当にベストなのか

KVBはかなり良いと思います。

もちろん10万円20万円の送金ではKVBを使ってもメリットはないかもしれません。
でも、金額が大きくなればなるほどそのメリットは大きくなるようです。

興味がある方は一度、KVBのウェブサイトから問い合わせだけでもしてみたら良いかもしれません。

もともと自分のために調べ始めたことだったんですけど、今後周りでニュージーランドに留学や移住を考えている人がいたら、参考になるかな?と思って記事にしてみました。

それと「いやいや、もっといい方法があるでしょ」とか「TransferWiseを使った」感想などあれば教えていただけると嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS