日本からニュージーに送金するベストな方法

ニュージーランドに留学やワーキングホリデーで来ようとしている方。
日本を離れてニュージーランドに移住しようとしている方。

そんな人たちが必ず一生懸命考えるのが「日本からニュージーランドにどうやってお金を移そう」ではないでしょうか。

自分自身ワーキングホリデーでニュージーランドに来る時に当時書いていたブログ「わちログ(今はありません)」で、お金をどうやって持って行くか真剣に調べて記事にしたことがありました。

その時の結果は「クレジットカードを使う」とか「海外で引き出せるタイプの銀行口座を持つ」でした。でもそれって自分の場合、金額が30万円とかだったので「ま、これでいいかな?」と言う選択肢でした。

でも1年以上の留学をする方や、永住を視野に入れてニュージーランドに来る方に取って「レートのちょっとの差」でさえ、大きな違いになるんですよね。

そこで今回は今、自分が知っている中でベストな送金方法を紹介したいと思います。

DSC_1033-2014-04-05
© nzlife.net

日本国内で両替レートが良いところを探すのは無駄

よく「○○銀行は両替レートが良い」とか「△△銀行は手数料が安い」と比較したブログを見かけませんか?

でも、正直なところ銀行を変えたところで大した差ではないですよね。

両替レートが良くても、自分が使っている銀行が違って大きな金額の両替ができなかったり、手数料を取られて結局たいした差がなかったり。

そもそもちょっとだけ為替が良い銀行へ行くために電車に乗ったり、自分自身があちこち動いて何時間も両替に費やしたら、その「良いレートで両替した差額分」は帳消しになってしまうかもしれません。

だから多くの海外へ行く人たちが迷うんだと思います。

ハッキリ言ってしまいます。日本国内で両替することを考えるのは止めましょう。

なぜなら”日本国内で両替するのは損”だからです。

日本円の両替は海外でするのがGOOD

なんで日本国内で両替をするのは損なんでしょう?

それは特にニュージーランドの場合そうなんですけど、日本国内でのニュージーランドドルの需要が少ないからです。

「日本円をニュージーランドドルに両替したい人が少ない」=「価値が低い」=「レートが悪い」となってしまいます。
もっと極端な例えだと、マイナーすぎる通貨だと両替すらしてくれません。それは「銀行にとって価値がないから」です。

ところがニュージーランド国内はもちろん海外において日本円はそれなりに価値があります。いわゆる「円高」というやつですね。
そうすると、日本円を欲しい人が多い=価値が高い=レートが良い!となるわけです。

そう言うと「じゃあ、現金で持って行くのがいいか!」と思う方もいますね。

でも考えてみてください。
もし1年学校へ通うとしたら250万円とか300万円必要になってくるはずです。

必要なお金の全部をニュージーランドの口座に移さず、とりあえず200万円をニュージーランドに持っていくと場合、200万円の現金を持って飛行機に乗ったり、口座が出来るまで200万円をずっと持ち歩いて移動するの怖くないですか?

それに銀行に行っていきなり200万円をドルに換えて!と言っても断られるかもしれません。
しかも事前に学校に入金もしなければいけません。

DSC_1139-2014-04-18
© nzlife.net

日本からお金を移すときの悩みをまとめると

上で書いたようなことが日本から海外にお金を動かしたいときの大まかな悩みだと思います。

上に書いたことを含めて、留学/移住するときのことを考えたお金を移すときの悩みを改めて書き出してみたいと思います。

  • 日本で両替するとレートが良くない
  • 現地で両替するために現金を持って行くと、高額であればあるほど盗まれたりしないか不安になる
  • トラベラーズチェックと言う方法もあるけど、現地で慣れない海外でどうしたら良いかわからない
  • 留学する学校へ送金しないといけないけど、日本国内レートが悪すぎる
  • そもそもニュージーランドに口座がないから、事前に日本から送金ができない
  • 日本のクレジットカードで日本の口座引き落としにしても良いけど、留学費用など現金を持っていた方が何かと便利。それに毎回手数料がかかる。

こんな問題を解決してくれるかもしれない方法が実は昔からあったんです。

きっとこれがベストな送金方法

なんでこんなことを書いているかというと、日本の口座のお金をニュージーランドに移すのにベストな方法を探していたからです。

自分のこととなると真剣にならざるを得ません。

そこでいろいろ調べていくと「KVB」と言う会社が「円送金」をしていて、レートが良いということを思い出しました。

通常の送金は、日本の銀行、例えば三菱東京UFJ銀行からBNZに送金するとき、三菱なんちゃら銀行がニュージーランドドルに両替してから、BNZに送金します。だからレートが悪いんです。

「円送金」と言うのは日本でニュージーランドドルに両替しないで、日本円のままニュージーランドに送金して、円の需要が高いニュージーランドで日本円をドルと交換するやり方です。

その「円送金」をKVB経由でやるのが一番良いみたいです。
ちなみにKVBと言うのは、ニュージーランド政府の機関Securities Commision of New Zealandから正式なライセンスを持ったキチンとした企業です。

どんな仕組みでどのくらいお得なのかチャートを作ってみました。

kvb-chart
© nzlife.net

イラストの感じわかりますか?このレートは2014年3月26日時点のレートで換算されたものです。

$537も浮くってすごくないですか?

留学をするにしても移住をするにしても、何かとお金は物入りです。
そんなときに500ドルちょっとを節約できるのは本当にありがたいです。自炊する人なら500ドルあればいったいどれだけの肉とか野菜を買えることでしょう。

しかも、このKVBのすごいところは

  • 手数料が無料
  • ニュージーランド国内の口座開設まで6ヶ月保管してくれる
  • 2件までならニュージーランド国内の振り込みも無料
    なので1件は語学学校、1件はしばらく保管してもらって自分の口座が開設されたらそこに送ってもらうことが出来ます。
  • 日本人スタッフが常時対応してくれる

レートも良いし、手数料も取らないし、日本人スタッフもいるし(実は相談させてもらいました)、資金を保管してくれるし良いことずくめですよね。

KVBが良いことずくめで大丈夫なわけ

良いことずくめは胡散臭いと思われてもしょうがないですね。

この記事を書いていて思い出したんですけど、2006年ちょうどワーホリ時代に友だちがKVBを使って円送金していたのを思い出しました。その友だちは資金150万円弱のお金のうち120万円をKVBで送金してました。(当時の彼のブログ

DSC_1190-2014-04-18
© nzlife.net

なんでKVBのレートが良かったり、良いことずくめなのか。

それは銀行と違ってこういう外貨の取り扱いを専門にやっているので、その分だけ良いレートが得られるのと、銀行は「固定レート」という銀行にとって利益が出やすいレートを使っています。ところがKVBは「変動レート」と言う、その時のレートに応じた正直なレートで両替えをしているんですね。

KVBを使って円送金するには

さっそくKVBで円送金しようと思っても、ものすごい面倒くさい手続きが山盛りだったら面倒くさくてやりません。

でも、手続きはオンラインの申し込みページから行えます。しかも日本語で用意されていてるので簡単です。

手続きの流れは

  1. オンライン申し込みページにアクセスして申し込む
  2. 本人確認書類を送る
  3. 銀行の窓口に行ってKVBに「日本円のまま」送金する

以上です。

あとはKVBがニュージーランドの指定口座に振り込んでくれます。

この方法が本当にベストなのか

KVBはかなり良いと思います。

もちろん10万円20万円の送金ではKVBを使ってもメリットはないかもしれません。
でも、金額が大きくなればなるほどそのメリットは大きくなるようです。

興味がある方はオンライン申し込みページからぜひ一度申し込んでみてください。

もともと自分のために調べ始めたことだったんですけど、今後周りでニュージーランドに留学や移住を考えている人がいたら、参考になるかな?と思って記事にしてみました。

細かく書きすぎても読むの大変だと思ったので全部は書きませんでしたけど、質問にも答えられるだけ答えていきますので info@nzlife.net までご連絡いただけたら嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS