オリジナル マオリ柄のiPhoneケースを発売!

いつも日刊ニュージーランドライフを読んでいただきありがとうございます。

日刊ニュージーランドライフがスタートしたのは2011年4月22日。もうすぐ丸3年が経ち4年目に突入!と言う今日、皆様にお知らせがあります。

この度、日刊ニュージーランドライフ オリジナルのマオリ柄(Koru)のiPhoneケースを発売することになりそうです!

え?「発売することになりそうです!」って言う曖昧な書き方なに?と思う方もいるかもしれません。その辺を踏まえつつ、今日はそんなオリジナル・マオリ柄iPhoneケース発売についてのお話しです。

あの国立商店と共同デザイン

インターネットの通販でiPhoneの革のケースを探していると、誰もが辿り着く会社があります。それが「国立商店」です。

そんな国立商店の商品で革職人が1つ1つ仕上げる「職人が作るオイルドレザースリーブケース」というのがあります。新しいモデルが出る度に、インターネット媒体や、各誌紙面で取り上げられるほどの人気を誇る「知る人ぞ知る」製品です。

koru-sleeve-image001
© 国立商店

どのくらい人気かというと、すべて手作りのため生産数に限りがあるため、常に「次のロット待ち」になっているほどです。常にそんな状態なので店頭に並ぶことはありません。

今回、その国立商店と共同企画でiPhone5、iPhone5s用の『職人が作るオイルドレザースリーブ for iPhone ブラックxレッド』に日刊ニュージーランドライフオリジナルのマオリデザインを型押しして販売させてもらえることになりました!

Oiled leather sleeve
© nzlife.net
これがそのiPhoneケースです。これにはマオリ柄は入っていません。

気に入っているのは黒いところに赤のワンポイントが入っているのと、わりと厚みがあるので落としたときも衝撃を吸収してくれる安心感があります。

そんなケースにどんなデザインが入るかというと、実は日刊ニュージーランドライフの読者の方はすでに目にしている方も多い「あのデザイン」です。

日刊ニュージーランドライフのFacebookページやトップページを見ると記事ごとにこういう画像を付けています。
thumbnail-23Mar03

そしてこの画像の右にいつも入っているマオリ柄のデザインが今回iPhoneのケースに型押しされるものです。

ちょっとわかりにくいので取り出してみますね。

koru-sleeve-image004
敢えて手書き感を残しつつ、そしてゴテゴテしすぎないものを作りました。

このデザインの意味

ところでこのデザイン。2つのデザインを合わせたものになっています。

1つはKoru(コル)です。
Koruはニュージーランドの先住民マオリ族がタトゥーやネックレスなどの彫り物のモチーフとして使うデザインの1つです。

Koruを英語にするとLoop(輪)と言う意味で、元々は渦状の新芽のシダをデザイン化したもので、「新生」「成長」「力」「平和」の象徴としてニュージーランドでは本当にたくさんのところで使われています。

koru
© nzlife.net
ウェリントンの市役所近くにもKoruをモチーフにしたこんなものがあります。

それと、ニュージーランド航空のマークもKoruをモチーフにしてますね。

そしてもう一つがFish Hook、マオリ語だとMatau、つまり「釣り針」です。
このFish Hookは、「幸福」や「ポジティブなエネルギー」「旅の安全」「繁栄」「健康」と言ったものの象徴とされています。

このFish Hookもタトゥーやネックレスなどのデザインとして人気があります。

そんな2つのデザインを合わせたのが今回、日刊ニュージーランドライフで作ったオリジナルデザインです。
たくさんの意味と、たくさんの気持ちを込めてデザインしました。

ただし、そんな気持ちを込めたデザインが型押しされたこの製品が発売されるには1つだけ乗り越えなければいけない壁があります。

それが一番最初に「発売することになりそうです!」と言う曖昧な書き方をした大きな理由です。

注文数10個で製品化が決定!

そうなんです。

今回のこのオリジナル マオリ柄iPhoneケースは注文数が10個を越えた時点で製造に入ります。つまり8個の注文ならボッシュート(©世界ふしぎ発見)と言う寂しいプロジェクトになってしまいます。

本当ならオリジナルデザインが入ったケースの写真を載せて紹介したいところなんですけど、手元にあるのはKoru柄抜きのオイルドレザースリーブです。

なので試しにKoruの柄を上で紹介したカフェの写真に合成してみました。

Oiled leather sleeve
© nzlife.net
どうですか?自分で言うのもアレですけど、けっこう素敵じゃないですか?

もちろん製品にコーヒーとかiPhone、テーブルは含まれません。

ところで今日は…

そういえば今日は4月1日。何の日かわかりますね!?

そうです。エイプリルフールです。
去年は日刊ニュージーランドライフ、待望の書籍化! なんて言う記事を書きました。あのときはウソ書いちゃってスミマセンでした。4月1日だったので許してください。

でも、今回はネタではありません!

本当にオリジナルKoru柄のiPhoneケースに注文が10個入れば(ここ重要。テストに出ます)製品化され、皆様の手元にお届けすることができます。

逆を言えば10個注文が入らなければ、手の込んだエイプリルフールのネタになっちゃいます(汗 そんな1ヶ月ほどの準備期間も経て国立商店さんを巻き込みつつの大がかりなエイプリルフールネタは恥ずかしすぎます。

もちろん自分自身ちゃんと1つ買って、親に記念に送ろうと思います。(私信:製品化された際はお楽しみに!)

ということは製品化まであと9個です。

100個売りたいなんて欲張りなこと言いません。1,000個売りたいです!
ウソです。10個注文が入って製品化できたら、それだけで幸せです。

気になるお値段や(予約)購入方法

危うく値段とか予約方法を書くのを忘れて、本当にエイプリルフールのネタにしてしまうところでした。

気になるお値段は
5,149円(税込み)
とさせていただきます。中途半端なのは税金の繰り上がりでピッタリどうしても5,150円になりませんでした。

通常版は消費税8%で4,731円ですが、オリジナル製品のため、型を押したりする分だけ少しだけコストが多めにかかっています。

予約購入は「職人が作るオイルドレザースリーブ for iPhone ブラックxレッド ニュージーランド Edition」こちらからお願いします。

また商品の詳しいことは通常版の職人が作るオイルドレザースリーブ for iPhone ブラックxレッド」をご覧頂けると嬉しいです。

その他、ご質問などあれば info@nzlife.net までお問い合わせ下さい。

たくさんのご注文お待ちしています!

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS