[結果発表] 人生の壁を突破するための力は何?

以前、日刊ニュージーランドライフで人生の壁を突破する為の力は何だと思いますか?というアンケートを取らせてもらいました。

今回はそのアンケートの結果といただいたコメントを読んでみたところすごく面白かったので記事にしてみることにします。

それぞれが違って面白い

アンケートの結果、70人の方に今回のアンケートを答えていただくことができました。

まずその70人の方にお礼を言わせてください。
本当にありがとうございました!

その結果を見てすごく興味深いと言うか、みんなが違う考えを持っていることがわかってすごく面白かったです。

本編に入る前に前回書いた「人生の壁を突破するために必要な力」としてあげた10個の項目を紹介します。

  1. 独創性・ひらめき
  2. 分析力・洞察力
  3. 行動力
  4. 持久力・忍耐力
  5. 語学力
  6. 協調性
  7. 決断力
  8. 集中力
  9. 体力

これらにもし順位を付けるとしたら何が1番だと思いますか?

skitched-20140311-174902
© Sanofi Pasteur

読者の方々が思う「人生の壁を突破するのに必要だと思う力」を集計してみたところ、一番多くの方が必要だと思った力は「行動力」、それと「決断力」「運」と答える方が多かったです。

それぞれ10個の力に寄せられたコメントや、投票結果を書いていきます。

行動力
行動力は「実行に移さなければ何も始まらないから」と答える方が圧倒的に多く、行動力を「1位から3位」に入れた方が全体の70%もいました。

3位から9位に入れた方は各順位に1-2人ずつくらいしかいない割に最下位の10位に入れた人は全体の10%いました。

それと「実行できない人が多いから実行力は大切である」と答えている方も何人かいらっしゃいました。

決断力
決断力を1位から3位に入れる方も多く、全体の6割もいました。
あとは比較的「重要だ」と思っている人が多いみたいで全体的にランクが上の方たちが多かったです。

決断力は「行動するかしないか」「考えるか考えないか」を決めるのは決断力だから、まず重要なのは決断力と答える方が多かったです。


運は2位で入れる方が多いんですけど、1位は少なくあとはどのランクもバラバラに投票されていました。

運に関しては「運はすべての努力の結果」と答える人もいれば、「運がなければ壁は突破できない」と考える人もいるみたいです。

コメントで「何か決めたり動いたり続けたりすることは自分の意志でコントロールできるけど、運はコントロールできない」と書かれているのも印象的でした。

持久力・耐久力
持久力と忍耐力は中堅力のトップで1位2位に入れる人は誰もいないのに、3位から5位に入れた人が全体の6割もいました。

そして寄せられたコメントでは「何ごとも諦めずに頑張ることが大切だから」とあってうなずかせるものがありました。

集中力
集中力も「持久力」とほぼ同じで中堅の力として投票している人が多いのが特徴的でした。

コメントの中に「行動も閃きも決断もすべて「集中」することで生まれるから」というのが、あってハッとさせられました。たしかに集中できない状態からは何も生まれませんもんね。

skitched-20140311-174920
© Jeremy Fulton

独創性・ひらめき
独創性・ひらめきは1位に入れる人何人かいる中、全体的に真ん中よりな位置づけが多い力でした。

コメントとしては「ひらめきは自分の本当にしたいことに近いものだと思う」という答えが多く、「勘」を大切にする人に取っては重要な突破力となりますよね。

体力
体力は全体的に順位が低いんですけど、いただいたコメントが光っていました。

そのコメントは「何ごとにおいてもまずは自分の体。体力=健康が大切」です。
たしかに自分を含めて、心のどこかで健康なのは当たり前として考えていますが、体を壊して病気になったり、風邪を引いてしまったら「行動力」も「決断力」も意味がありません。

それを踏まえると「体力」は1位なのかもしれませんね。

その他の力
上で書かれていない「分析力」「語学力」「協調性」は人それぞれバラツキがあって突出して「ここが多い」というのはなく、またコメントもあまりありませんでした。

ホント人それぞれの考え方なんだと思います。

いろいろ踏まえて考えた突破する力

「そもそも」という話、しかもアンケートを取った人が言うことじゃないのかもしれないんですけど、「その人が今どんな状態なのか」「どの人がどんなタイプか」で必要な突破力は変わってきますね。

skitched-20140311-174934
© Living Fitness

まずは「体力=健康」が大事でこれがなければ話は始まりません。

そのあと右脳派の人は「閃き」が大切で、左脳派の人は「分析」、そしてそれらを「決断」します。
そのあとは、その決めたことを「行動」に移して、「持久力」で続けていくわけです。

何もアイディアがないのに行動しまくるのは空回りで意味が無いかも知れないし、分析するにもアイディアが空っぽであれば分析することすらできません。

それと、自分が今何をしているのか、自分が正しい道を走っているかを随時「分析」する必要も出てくるでしょうしね。

そして「運」はそれらをやった結果として、与えられるものなのかもしれません。

どの力が欠けても突破できない力なんですね。

でも、敢えて「一番必要な力」を選ばないといけないなら。
自分は「行動力」が一番だと改めて考えてみて思いました。

と言うのは、どんなに素晴らしいことを閃いても、どんなに良い判断ができても、行動しなければ頭でっかちで、行動を伴わなければ何も生まれてこないからです。

上の結果を踏まえてどう思いますか?

皆さんが上の結果を踏まえてどう思うか、ご意見ご感想いただけると嬉しいです。

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS