ニュージーランドのインターネット事情2014夏

スポンサーリンク

ここ最近、日刊ウェリントンライフと日刊ニュージーランドライフに「ニュージーランド インターネット」とか「ニュージーランド インターネットどう?」と言う検索で来られる方がいらっしゃるようなので、少しだけ詳しく書いてみることにしました。

一言で言うと、ニュージーランドは日本と比べるとインターネットの速度とかサービスはだいぶ遅れています。

感覚的には1-2世代前って感じでしょうか。

今日はそんなニュージーランドのインターネット事情についてアレコレ書いてみたいと思います。
ニュージーランドに住んでいる人も、これからニュージーランドに来て旅行をしようとしている人も「私はネットをしない」と言う人以外はちょっと興味があるかも?なお話しです。

ニュージーランドのインターネットは1-2世代前

日本だとインターネットと言えば光ファイバーが当たり前なんですけど、ニュージーランドではここ1-2年でやっと導入が始まった程度です。

インターネットが早い順に書くと
光ファイバー(FTTH)> VDSL > ADSL > ISDN >ピーヒョロヒョロ(名前忘れました)
という感じです。

日本は光ファイバーがさらに高速化しているそうですが、ニュージーランドはこのVDSLが一般的には最新で、光ファイバーだけで言えばまだ限られた都市、例えばAuckland(オークランド)、Wellington(ウェリントン)などでしか使えません。
なので最近ニュージーランドのCMでは「VDSL」という言葉をよく耳にします。

skitched-20140223-110948
Vodafoneでも最新のインターネットとしてVDSLを押してきています。

速度の違いを簡単に書くとピーヒョロヒョロの速度はわからなかったんですけど、上に書いたインターネット方式で一番遅い「ISDN」を1にした場合の速度の違いをザックリ書くと
ISDN … 1
ADSL … 200
VDSL … 800
FTTH(光) … 1600
です。なので光ファイバーが当たり前の日本とADSLが一般的で最近VDSLが普及したニュージーランドでは速度は2倍、まだADSLだったら場合によっては10倍くらいの違いが出てきてもおかしくありません。

スポンサーリンク

無料のWiFi(無線インターネット)事情

無料のWiFiは?と言うとWellingtonの中心部はわりとあります。

あとAucklandでもWellingtonでもカフェなどに無料のWiFiがあったり、公共施設、例えば図書館とか博物館などの中では無料のインターネットを出しているところもあります。
あとマクドナルドとかスタバとかにもあります。

DSC_9579-2014-02-23-12-06-48
ちなみにPicton-Wellingtonを結ぶInterislanderと言うフェリーは乗船中4ドル40MBでした。

Wellingtonの場合、2011年からcbdfree – Wellington's Free WI-FI networkと言うのがあって街の中心地では1回30分で無料インターネットを使うことができます。
ただ限られた場所にしか無料のWiFiはないので結局けっこう不便です。

Googleなどで「街の名前 free wifi」と入れて検索すればいろいろ情報が出てくると思うので、旅行へ行く前に調べておいて損はないと思います。

あとはTelecom(電話会社)が電話ボックスを再利用する計画の1つで電話ボックスからWiFiを配信するサービスをスタートしています。1ヶ月20ドルくらいで毎日1GBのインターネットができます。Telecomと契約して携帯を使っている人だと無料です。
これも便利かも?なんですけど電話ボックスがなければ結局その無線は使えないので場所が限られてきます。

宿泊施設のインターネット事情

それと旅行者にとって一番気になるのは宿泊施設でのインターネットですよね。

調べていくといわゆる都市部、例えばAucklandとかWellingtonのいわゆる「ホテル」だと有料が多かったです。
しかも、けっこう高いです。平気で1日20ドルとか30ドル取って容量少なめ…なんてところがあります。実はこれが昨日くらいからNew Zealand Heraldと言う新聞社でネット記事で話題になっていてFacebookの「いいね」が28,000件も付いているほどです。

これが郊外、さらにモーテルとかに行くと容量制限はあっても無料でWiFiを使えるところはけっこうありました。

容量制限は少ないところだと一泊50MB、多いところで500MBくらいで一般的には100MBくらいが多かったです。
あと接続時間で区切るところもありました。

予約をするときにインターネットがあるかどうか、どういう料金体系か見ておけば泊まっているところではあまりインターネットに困ることはありませんでした。

書き始めるとキリがありません

料金のことや、携帯電話のネットワークを使ったモバイルインターネット事情とかも書こうと思えば書けたんですけど、マニアックになりすぎるので、今回はこの辺で終わりです。

今後、日常のことや、英語コラムを綴っている姉妹サイトの日刊ウェリントンライフで生活する上で必要になりそうな料金とかを紹介できたらと思っています。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS